2006年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
冗長
2006.03.28 (Tue)
<オウム>松本被告、死刑の公算大に 高裁が被告側控訴棄却

地下鉄、松本両サリンや坂本堤弁護士一家殺害など13事件で殺人罪などに問われ、1審で死刑判決を受けたオウム真理教(アーレフに改称)の松本智津夫(麻原彰晃)被告(51)について、東京高裁(須田賢(まさる)裁判長)は27日、被告の訴訟能力を認めたうえで、控訴を棄却する決定を出した。最高裁の統計がある78年以降、1審で死刑とされた被告の控訴審が、棄却決定されるのは初めて。事件の首謀者とされる被告に対し、高裁で一度も公判を開かずに死刑判決が確定するという異例の事態となる見通しとなった。
 弁護側は28日に控訴趣意書を提出する方針を示していたが、提出期限は昨年8月末で大幅に遅れており、高裁は提出の遅れが裁判を継続するための「やむを得ない事情」に当たらないと判断した。弁護側には高裁に異議を申し立て、さらに最高裁に特別抗告して争う手段も残されているが、この際の審理対象は裁判手続き上の誤りがなかったかどうかに限られ、退けられる公算が大きい。


逮捕されてから何年経ってるのかと。
長い長すぎというのが第一印象。
本人が完全に廃人と化してしまったとかで弁護側は裁判の停止を求めていたこの裁判、もし詐病だとしたら残念だったねと。
いや仕方ない。精神的に正常だろうと異常だろうと、「やった事」の軽重が変わる訳ではない。
「やった事」の応報としての罰は受けなけれならないと思う。

とはいえ、個人的には死刑の見直しは行ったほうがいいと思うけど。
ただ殺すなんて勿体無い。
全身くまなく献体するとか、地雷撤去とか、いくらかでも世の為人の為に役立つ死に方ってあるでしょ。

気に入っているアイデアとしては、コロシアムの復活。

闘技場で死刑囚同士をどちらかが死ぬまで戦わせる。
勝った死刑囚は次の戦いまでの生は保証される。
武器はランダムがいいかな。
その様子はPPVでライブ中継し、また勝敗は公営ギャンブルとして賭けの対象とする。
PPVの収益金および胴元の収入の一部は遺族への弔慰金として分配し、残りは風紀取り締まり方策の予算としてあてる。
抑止効果も抜群だし遺族も報われる、予算も計上できる。
いい案だと思うけどなあ。

スポンサーサイト
【記事編集】 |  01:19 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
キモい
2006.03.24 (Fri)
韓国 日本に再戦要求
まさに日本ストーカーの本領発揮。

 「今秋に韓日国家代表の再対決が実現できるよう、推進していきたい。時期は両国のプロ野球シーズンが終了する10月以降。韓国にはドーム球場がないため、開催地は日本になるだろう。日本側の意向が重要になる」

 韓国はWBCで1次、2次リーグで日本に連勝しながら、準決勝で敗れた。公正さを欠く組み合わせに批判が巻き起こった。6勝1敗と最高の成績を残しながら、5勝3敗の日本に世界一をさらわれると「日本、幸運のチャンピオン」「きまりの悪い成績で優勝した」(聨合通信)と伝えた。

 日本への対抗意識の強い国民の無念を痛感する球界最高首脳からは挑発的な発言も聞かれた。

 「実質的に(優勝した)日本も2対1で負けたと理解しているはずだ」「自尊心が傷つけられた日本も、再対決を拒む理由がない」。挑戦状を受け取れ、である。今後は「KBOレベルで折衝していく」と近く公式に日本プロ野球組織(NPB)へ打診する構えだ。


えーと。
日本に何のメリットあるのこれ?

韓国は負けてもともと、勝てば
「我々こそ真の世界一」と国内外に喧伝するつもりだろう。

今回負ければ次、次も負ければその次、
で、いつか勝てば

「我々こそ世界一!アジアのプライド!自尊心!」

バカじゃないの?おめでたいオツムだよ全く

相変わらずトーナメントのルールも理解できてないようで、
本当にキモい。キモすぎる。
こういうタチの悪い粘着質な相手とは本当に関わりたくないというのが正直なところ。

かつてジーコ率いる日本代表がアウェーの地で韓国を下した。
それから数ヶ月もたたないうちにホームで再戦する事となり、今度は敗れてしまった。
ジーコは激怒した。
せっかく優位にたったのに何ですぐに再戦を受けてしまうんだと。
何を考えているんだと。
せっかく勝ったんだから出来るだけ長く再戦を引き伸ばして
優位な立場を存分に利用するのが当たり前だろうと。

まあ勝負事というのはそういう事だね。
どんなにえげつないやり方でも勝てば官軍。
またも無礼の限りをつくしたどこかの半島チームを見てつくづく思った。


これ、万一に日本のコミッショナーが受けてしまったりしたら
彼(ら)は途方もないお人よしのバカと断言する。
マジで。
オレオレ詐欺とか気をつけて余生を過ごして下さいと。

【記事編集】 |  03:18 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
日本代表おめでとう!
2006.03.21 (Tue)
本当によかった
おめでとう!
【記事編集】 |  14:51 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
イチローも福留も
2006.03.21 (Tue)
期待される場面で

期待通りの仕事をする。

どれだけ難しいことか。

これぞ本物のプロフェッショナル。見習いたい
【記事編集】 |  14:17 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
壮大な構想といえるかな
2006.03.19 (Sun)
中国軍拡に日米豪結束 あす初の閣僚級戦略対話

日豪両国は米国とそれぞれ二国間同盟を結び、9・11米中枢同時テロ以降、米国を軸に三カ国の協力関係はイラク戦争やその後の復興支援活動、アフガニスタンでの治安活動や支援活動、大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)への積極的参加などで結実している。外務省幹部は「日米豪の外交・安全保障関係はさらに緊密化していく」と話している。
 日米関係筋は日米豪に英国を加えた四カ国を「海洋同盟」と指摘し、今回の戦略対話について「『海洋同盟』が、軍事力を背景に覇権をうかがう『大陸帝国』の中国、さらに海洋戦略に乗り出した中国にどう対処するかを決めていく上で今回の戦略対話は重要な一歩になる」としている。
 中国の二〇〇六年の国防予算は前年実績比14・7%増で、十八年連続で二ケタの伸びを示し、核戦力の近代化を進める一方、通常戦力でもロシアから戦闘機や軍艦など最新鋭の兵器を購入し、海空軍力を中心に増強している。
 中国の胡錦濤政権は中国脅威論を打ち消すために「平和的台頭論」を掲げるが、「歴史上、新興国が勃興(ぼっこう)するときに平和的だった試しはない。“平和”は覇権を確立するまでのポーズにすぎない」(日中関係筋)という見方が強い。
 中国は、日米両国が昨年二月の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で、日米双方の共通戦略目標に「台湾海峡問題の平和的解決」を明記したことに猛反発し、翌三月に台湾の独立阻止のために武力行使も辞さないという「反国家分裂法」を制定した。
 中露両軍が昨年八月、台湾攻撃を想定した軍事演習を実施したほか、一昨年秋には中国の原子力潜水艦が沖縄県近海を領海侵犯し、米国の重要な戦略拠点であるグアム島の近くまで迫った。
 日米豪三カ国は今後も閣僚級戦略対話を開き、イラクやイランなどの中東情勢、北朝鮮の核開発問題などの東アジア情勢などを協議していくことになるが、「中国問題が大きな比重を占め続けるのは間違いない」(外務省筋)という。
(産経新聞) - 3月17日2時46分更新


ま、当然かと。
中国封じ込めがこれからの世界秩序における最重要課題である事は間違いないだろう。民主化されることなく全体主義国家の体制を守ったまま際限なく膨張を続け領土的野心をむき出しにする大国の隣国として直接の脅威に晒される国々が結束しつつあるのは自然の成り行き。
日本にとってはこれにインドを加えたい。インドは大陸国家だけど。
合わせて全人類の4割を占め、巨大な市場と経済力を持ち、いずれも核を保有している二つの軍事大国に組まれたら何よりの脅威だが、この二国は相互補完することが出来ない。並び立たない。領土問題も抱えている。そして何より幸いな事に、インドには反日感情がない。

遠交近攻の例を持ち出すまでもなく、これからの日本にとって米国と並び最重視すべきパートナーではなかろうか。

ゼロを生み出した国は深いよ
【記事編集】 |  23:52 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
何てドラマチックな
2006.03.19 (Sun)
★日本が決勝進出 WBC準決勝で韓国破る

皆素晴らしかった。最高の勝利だ。

しかし米国の敗退に象徴されるように、今大会はもはやベースボールはローカルスポーツではない、ワールドスポーツへの脱皮途上にあるという事を強く印象つけられる結果となった。

米国としては出来れば封印してしまいたい悪夢のような結果かもしれないが、もう懲り懲りとは考えて欲しくない。

これも愛するベースボールの発展の証拠と前向きに捉え、今後も地道に二歩目三歩目と歴史を積み重ねていって欲しいものだ。
【記事編集】 |  15:58 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
決勝戦より価値が重い準決勝戦
2006.03.18 (Sat)
WBC米国代表はなぜ負けたのか
自ら決めたルールに最後まで苦しめられ、それが結果として屈辱的な2次リーグ敗退の主因となってしまったのは実に皮肉。
しかし今大会の米国はどうしちゃったんだろう。実質的に三連敗だし。
だが日本にとっては文字通り千載一遇と言っていいリベンジのチャンス。ここはきっちりと勝って、出来れば圧勝できっちりと落とし前をつけて帰ってきてもらいたい。

実質的な決勝戦はもう一方のキューバ対ドミニカだろう。もう優勝を狙うとかどうでもいい。とにかく落とし前をつけて欲しいと。
三連敗とかすると変な苦手意識が植え付けられてしまって容易に払拭できないよ(サッカーならともかく、野球ではまだ「ライバル」と呼ぶ程実力は拮抗していない。まだ明確な差がある。的外れな煽り方をしていた日本のマスゴミはサッカーと勘違いするなと)。また韓国に三連敗するほどレベルが低い事を露呈したらプロ野球人気はますます盛り下がる事必至、興行面からもここだけは負けられまい。
守備妨害、マウンドへの国旗を突き立てなど、また韓国人が暴走して目を疑うような非常識な行為を連発している(あのクールなイチローがFUCKと叫ぶなど尋常じゃない)。三度敗れるような事があれば今後何年間もこの目に余る増長を指をくわえて眺める他なくなってしまう。何せ勝てば官軍の世界だから。それは先のW杯で身を持って学んだ筈だ。

等々、決勝戦より遥かに重要で意義が深いのは準決勝と。そういう試合もあるということ。

【記事編集】 |  10:00 |  murmur  | トラックバック(4) | コメント(0) | Top↑
eBay
2006.03.16 (Thu)
eBayにて初落札。
IWCの名キャリバーCal.89が(このメーカーにしては)珍しくリボンラグ、18KRGのほぼミントのケースにダイヤル。
どうせガッチャでしょ?と思いきや裏蓋にIWCの刻印があるので意外やあーん純正?
ならお買い得。怪しいけど。ダイヤルはリダンかも。まあ自分はオリジナル原理主義者ではないし、ボロボロのオリジンよりはよく出来たリダン派なので。写真で見る限りカボションもしっかり乗っているようだしまあOK。ケースも傷なし18KでCal89が程度良ければ全然value for moneyかなと(今のIWCはETAばっかりだし無闇やたらと高いし、とても食指が動かないね…)。

というわけで落としてみました。
誰もコンペテイターがいなく、1529ドルで一発落札。1139714959836_J0056.jpg
1140311057542_J0061.jpg
1140688987419_J0058.jpg


しかしeBayは進んでいるなあ。
クレカ支払いシステムのPayPalと完全リンクしるので、あらかじめ登録されている送料込みの料金を提示した落札通知メール上からボタンクリック一発で支払い終了。
Yahoo!かんたん決済もこれに近いが、あれは支払いだけ。
eBayでは出品者への落札者住所通知、落札者の出品者住所氏名連絡先通知まで完全にオート化されているところがさらに進んでいる。これはその気になれば普通の楽天でのお買い物と手間的に全く変わらないで取引を終える事が可能という事を意味する。

なんのかんのいってもヤフオクでは未だメールのやり取りの中で出品者は振込先口座を提示し、落札者は送付先を連絡するという旧態依然とした取引フローがまだまだ主流なので…


うむむ…e文書とかeコマースにおいてはやはり米国に一日の長があるな。さすがだ





【記事編集】 |  07:56 |  goods  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
存在の耐えられない軽さ
2006.03.09 (Thu)
横浜の土嚢落下、高校1年の4人逮捕 ビル侵入容疑

横浜市の横浜駅西口にあるビルの屋上(高さ約30メートル)から1月30日夜、約6キロと約4キロの土嚢(どのう)が車道に投げ落とされた事件を調べている神奈川県警は9日、この事件の直前に隣のビルの屋上に侵入したとして、神奈川県藤沢市の私立高校1年の男子生徒4人(16~17歳)を建造物侵入の疑いで逮捕した。4人とも容疑を認めているという。県警は4人が隣のビルへ移動して土嚢を落としたとみて調べている。

 少年捜査課と戸部署などの調べでは、4人は1月30日午後8時ごろから同25分ごろまでの間、横浜市西区南幸1丁目のビル「岡田屋モアーズ」の屋上駐車場に無断で侵入した疑い。

 この直後に、横浜駅西口前を走っていたタクシーの前後に土嚢2個が相次いで落下した。土嚢にはコンクリート片や鉄の器具が入っていたが、けが人はなかった。


これ‥タクシー狙ってるのは誰の目にも明らかでは?
建造物侵入なんて微罪じゃなくて、未必の故意による殺人未遂が相当としてきちんと真っ当に裁かれるべき。相変わらず甘すぎる。
建造物侵入じゃ子供のいたずらと同じ。未成年ならお説教で終わるのが普通。しかし彼らがやろうとしていた事はそんな可愛いものじゃない。お説教程度で放免していいのか?


【記事編集】 |  12:49 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
#17 The Star
2006.03.05 (Sun)
先ほどの記事に関連して
県内外でカーリングの関心高まる

スターの存在が業界全体を如何に盛り上げるかという好例ではないか。
何億円宣伝費をかけるよりもチーム青森の存在一つがどれだけカーリングというマイナースポーツのパプリシティに貢献することか。
その道の人やファナティック/マニアと呼ばれるコア層にはパブリシティなど関係ない。それらコアゾーンを広く取り巻く普遍的な人気を一般層に博すには‥スターを輩出するのが一番手っ取り早くかつ効果的だ。
スポーツの振興を願う関係者であればその価値が痛いほどよくわかることだろう。新庄のいないファイターズ、里谷上村のいないモーグル、今現在放映しているが福原愛のいないアジアカップの視聴率を想像してみるがいい。そんなものに一体誰が目を向けるというのか。(少し言い過ぎ)
無論ほとんどはすぐに離れてしまうミーハー層に過ぎないだろうが、その中の何%かはコア層に加わってくれるかもしれない。認知度が高まり市民権を得られればあらゆる面でバックアップを受けやすくなる。ひいては競技全体のレベルアップにもつながる。

先ほどのエントリーで別のチームをオチに使った書き方をしたが、必ずしも笑い話ではないと思う。特に日本においては一面の真実であることは疑いない事実であろう。


タイトルはタロットから

【記事編集】 |  15:43 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
今頃オリピックネタというのもアレですが
2006.03.05 (Sun)
トリノ五輪で惜しくも予選敗退したものの
強豪のカナダ、前回金メダルの英国を撃破する健闘を見せ
若く初々しいメンバーの愛らしさと相まって一躍日本中のアイドルとなり
カーリングブームを巻き起こした五輪代表チーム
「チーム青森」

そのチーム青森と五輪出場権を賭けて最後まで争ったチームがあるのをご存知だろうか。

その名も「チーム長野」
惜しくも敗れ後一歩のところで夢の五輪出場はならなかったが、もしチーム青森を打ち破り五輪出場を果たしていたら
きっと今ごろチーム青森に変わりチーム長野が日本選手団のアイドルに

絶対なってねえ。




一番胸をなでおろしているのは日本カーリング協会のお偉方だろうな

【記事編集】 |  13:40 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。