2006年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
一喝というと
2006.04.29 (Sat)
女性警察官に痴漢 一喝され現行犯逮捕

電車内で女性警察官に痴漢行為をしたとして、京都府警木津署は28日、府迷惑行為防止条例違反の現行犯で大阪府八尾市跡部北の町、無職、田原徹治容疑者(39)を逮捕した。

 調べでは、田原容疑者は28日午後10時25分ごろ、京都府井手町多賀のJR奈良線山城青谷―山城多賀間を走行中の快速電車内で、座席に座っていた木津署地域課の女性巡査(22)の右腕に、立ったまま下半身を押しつけた疑い。

 田原容疑者は巡査に「何をするの」と一喝され、山城多賀駅で停車して開いたドアから逃げようとしたが、腕を押さえられた。巡査に警察官の身分を明かされると、観念した様子で抵抗せず、調べに「すいません」と平謝りしているという。

 巡査は同日非番で、友人と一緒に京都市へ遊びに行った帰りだった。

(04/29 15:04)


まあ警察宿舎に泥棒に入ってしまったとかいう類の間抜けな犯人の話は時々聞くのだが、

女性警察官に痴漢 一喝され現行犯逮捕


「一喝」というのが何か面白かったので。
言葉のイメージとして、一喝というと江田島平八とか大沢親分みたいな爺さんが
「カーツ!」
とか枯れた声で叫んでるイメージない?杖とか振り上げながら。
女性警察官が一喝というと、今時な外見の女の子が
「無礼者!何をするか!」
みたいな時代がかった妙に古風な爺さん口調でビシッと叱り飛ばしているような絵が即座に浮かんで何か面白い。そんだけですが
スポンサーサイト
【記事編集】 |  21:51 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
お花畑満開
2006.04.29 (Sat)
憲法や平和考える集い:来月6日、豊岡で講演とコンサート /兵庫

「但馬で憲法9条をまもる連絡会」の主催。関西学院大法科大学院の徳岡宏一朗教授が「9条の心~軍隊がなければ戦争は防げる」と題して講演する。また、同5時からは市民プラザの主催で、フォークシンガーの笠木透さんと雑花塾のサロンコンサート「君よ5月の風になれ」がある。


軍隊がなければ戦争は防げる。すごいなあ
警察がなければ犯罪は防げるのか。
どう風が吹いたら桶屋が儲かるのか一度聞いてみたいなあ。いや時間のムダだ。やめとこうw
いやすごい教授だね。まさに学者バカ
【記事編集】 |  21:41 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
私はピアノ
2006.04.24 (Mon)
桑田圭祐の昭和の名曲の一つ「私はピアノ」音源を入手したので時折聞き返したりしている。さすがにアレンジは古臭いもののさすがにメロディは綺麗でタイムレスな魅力を持っていると再認識。歌詞も今のJポップみたいに惚れたの腫れたの愛だの恋だの喧しい事は言わない随分大人っぽい印象。
リアルタイムではこれが発売された時は小学生だったのだが、昔の日本にはお子様禁止の大人文化がきちんとあったように思う。TVも夜の10時廻ると大人向け番組ばかりだった。ウィークエンダーとか11PMとか、描写の過激さは今に比べれば大した事はないのかも知らないがそこに漂う雰囲気は明らかに大人の世界だった。大人が作る大人向けの翳が漂う大人文化。子供達はそれをドキドキしながら盗み見ていた。
今は何もかもお子様基準になってしまっているからある意味つまらない。全年齢OKで一見影が無く明朗で清潔だが、逆に言えばそれは大人と子供の境界線の放棄であり、大人による子供の保護の放棄であり、綺麗に張り巡らされた化粧板の裏に潜む昔日と比べ物にならないえげつなさは対象年齢問わず牙を剥くという危険さ。
便利になったらなったで厳しい時代かもしれない。

で、私はピアノ。

「雨の降る夜にはビリー・ジョエル」という一節があって、
原由子(高田みづえ)はビリー・ジョエルをビリジョとネイティブ風に発音していて子供心に『ビリジョって何だろう?』と不思議だった。
今と違って歌詞を確認するにはレコード買うか明星の特集本を買うか位しか選択肢のなかった時代、これは長年の疑問だったな。懐かしい
【記事編集】 |  10:56 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
草津
2006.04.24 (Mon)
今年初の草津へ。投宿したのは老舗奈良屋旅館
何でも八代将軍吉宗にここの湯を樽詰めしてはるばる江戸まで献上していたとの事。つか入りに来いや吉宗
宿は湯畑に面した西の河原通りから僅かに二件目(ちなみに一軒目は山本館)。風呂の広さは並レベルだが町中に無数にある外湯まで含めて町全体で温泉を楽しむ事が出来る好ロケーションなので全く気にならない。
料理は可もなく不可もなく。もともと草津はもともと食事には余り期待できない場所ではある。部屋からの眺めは×。これも盆地である草津はそもそも景勝地ではないので重視はしないのでさほど気にはならない。草津は湯畑に近いほど好ロケーションだが反比例して景色は望めなくなってくるので致し方なし。草津は全体にかなり強めの硫黄泉なので好き嫌いはあるかもしれないが、好きな人にはたまらないであろう。
黙っていても客が集まる好ロケーションの宿は往々にしてサービスの手を抜く場合が多いが、この宿で特にそのような印象はなし。女将にコンビニの場所を聞くとメモを書き込んだ草津案内図を渡して丁寧に説明してくれた。
★★★★☆
【記事編集】 |  01:04 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
どうする?
2006.04.20 (Thu)
アイフル 悪質な貸し付け・取り立て 借り手「自殺 考えた」

 愛媛県の四十代の男性会社員は昨年八月、アイフルの取り立てで精神的苦痛を受けたとして、慰謝料を求める訴訟を起こしました。アイフルがこの会社員にかけた取り立て電話の内容がテープに記録され、弁護士がそれを公開しました。

 「工面してください。二万五千円。○○さん本当に。本当にちょっと! ちょっと恨み買わんほうがいいですよ、本当に」

 「今日いるんですよって言っているんですよ! お金ができんのは動かないからでしょ! だれが畳の上で寝ていてお金がふってくるんですか! お金を用意してくださいといっているんですよ!」

 二〇〇四年十二月ごろ、会社員は連日、こんな乱暴な言葉で返済を迫られたといいます。アイフルが返済を求めたのは百八十万円。しかし、利息制限法の金利で計算し直した、実際に有効な債務は二十三万円程度でした。

 昨年四月、多重債務問題にとりくむ弁護士らが「アイフル被害対策全国会議」を結成しました。同対策会議は、行政処分の申し立てや提訴、集会を重ね、アイフルの問題を告発してきました。

 その一つの集会で、アイフル元社員の女性が、自分の過去を告白する場面がありました。「多重債務者にも貸せるだけ貸し付け、その先にどうなるかなどみじんも考えることはありませんでした」「体調の悪い日、気分がすぐれない日などはストレスを発散するように顧客に暴言を浴びせました」

 「客が自殺したとの連絡に、最初は目の前が真っ暗になった。その後、幾人もの顧客の自殺の連絡を受けた時には罪悪感もなく、死ぬほど思いつめることはないとしか感じなくなった。一年余りでこれほど人間が変わるのが消費者金融なんです」


最近やたらとアイドルを起用し膨大な量のソフトイメージCMを放映してきた大手にしてこれ。結局サラ金はサラ金、性根は何も変わっていない事が露呈した形だ。
小野真弓を用いた一連の「初めてのアコム」シリーズがアイドル起用ブームの嚆矢となったのだが、見るたびに違和感があったのは確か。はっきり言ってサラ金のお得意様=常連などまともな金銭感覚を持った人間ではない。そして顧客と企業の力関係は完全に後者が強い。圧倒的に。ここが普通の企業の顧客と根本から違うところなのに、CMで描かれるのはあたかも一般企業であるかのような爽やかな「弊社とお客様のお付き合い」。
そんな訳ないだろうと。
まともな感覚を持つ人間だったら買い物や旅行で少しばかり資金が足りない程度で安易に借金で賄おうと考える筈もなく、ましてサラ金と付き合いたいなど微塵も思わない筈。CMで登場したコールセンターなど実際に電話してくるのはダメ人間ばかりだろう。ダメ人間のダメダメな要求ばかり相手にしているオペレーターもストレス溜まりまくるだろう。全員が鋼鉄の精神力でも備えていない限りあんな爽やかな職場などありえない。まず100%虚構。
それでもイメージ操作で騙される人間が少なからずいるのだろう。最近は銀行も積極的にサラ金と組んだりサラ金を子飼いにしたり、貧すれば鈍するとはこの事。まあ確かに金貸し同士、同じ穴の狢には違いないが。銀行にしたところでバブル崩壊後の形振り構わぬ引き剥がしで幾多の経営者を自殺に追い込んで来た事だし。

しかしこれで清水省吾はともかく、アイフルCMで知名度を向上させた安田美沙子など人気商売の権化ともいえるアイドル稼業には致命的ともいえるダーティイメージを負ってしまうかもしれない。これは仕事を選ばず安易に二匹目のドジョウを狙った事務所に全面的に責任があるのだが、言われるがまま一所懸命に仕事をこなしていただけの本人が気の毒ではある。
【記事編集】 |  01:09 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
2006.04.17 (Mon)
FC2ブログ登録が60万人を突破したそうな。

はいおめでとうさん。
medetai.jpg



しかしこれって多いのか少ないのかよくわからんねえ
「一番メジャーなのがライブドアブログ」である事位はしっているが、
その他のブログシェア図とか見た事ないし全然分からん。

ただ調べて見ると2005年11月23日に35万人を突破とあるので、それから5ヶ月足らずで+25万人、
月平均で5万人、
一日あたり約1666人の純増。
退会している人間もいるから新規登録ベースでは無い日1700人程度?

なかなか、大したものですね。

自分がFC2を選んだのは他のユーザと(多分)同じく、容量の大きさとテンプレの豊富さ。頻繁なメンテ(含バージョンアップ)とサーバの安定度にも定評があったし。
アフィリエイトは正直、どうでもいいw
ライバル候補はシーサー。であちらはエロNGなのでテンプレの差でこっちにした、という恐らく一番ありがちな経路じゃないかね。そうでもない?あと乗り換え組もが多いのも特徴とか?
今年中には100万人突破か?しかしユーザが増えて質が低下するありがちなパタンに陥るのは勘弁ね。




【記事編集】 |  12:43 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
かいわれでも食ってろ
2006.04.16 (Sun)
菅直人氏:石原都知事は「ヒトラーのよう」 講演で批判

他者を攻撃する時に安直にヒトラーだのスターリンだの持ち出す輩は間違いなくバカです。
もう一度書きます。間違いなくバカです。

民主党の菅直人代表代行は15日、仙台市で講演し、東京都の石原慎太郎知事について「石原氏の目指す政治は、もしかしたらヒトラーのような自分の理想を権力で実現したい政治だ。権力を持つほど使い方を考えるのが(政治の)原点だ」と述べ、政治姿勢を批判した。石原氏は民主党の小沢一郎代表について「私は彼を評価しません」と述べ、菅氏についても「薄い感じがした」と酷評しており、菅氏が反撃した形だ。【須藤孝】

毎日新聞 2006年4月15日 18時11分


近所の乱暴者を指して「いやーまるで宅間守だねあいつは」という発言は思慮分別のある大人が行うものだろうか?
気に入らない二次元ヲタを公の場で「宮崎勤」呼ばわりする事は適切な批判であると言えるだろうか?


ヒトラーが欧州に残した厄災。
ドイツではヒトラーに関してだけは言論の自由すら制限されている事。
ヒトラーを礼賛する「だけで」法に触れる事。
欧州では未だにヒトラーは口に出す事すら憚られる最大のタブーである事。
何も知らないから安直にヒトラー呼ばわりできる。

「ヒトラー」で検索してみるとこの手のバカな発言をかましている組織(場合によっては一国の政府)がゾロゾロ出て来ます。
この手の輩は
「言っていい事と悪い事がある、やっていい事と悪い事がある」
という人間社会のお約束が身についていません。危険です。

最近の人民共和国政府が日本を攻撃する時にヒトラーを用いるのを冷笑して見ていたが、まさか日本の第二党の実力者も同レベルとは。いや恐れ入った
【記事編集】 |  13:56 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
雑感(茜さす帰路照らされど)
2006.04.15 (Sat)
椎名林檎の無罪モラトリアムをよく聴きかえす。
全編外れなし。1stアルバムなのに本当にすごいクォリティで驚かされる
中でも「茜さす 帰路照らされど‥」は一番好きですな


何時もの交差点で 彼は頬にキスする
また約束もなく 今日が海の彼方に沈む
ヘッドフォンを耳に充てる
アイルランドの少女が歌う


はいここんとこでつらつら思うのが歌詞の妙。

ここを「アイスランド」とするだけで台無しになってしまう。
「アイスランドの少女」からはビョークが強く想起されてしまうからだ(ビョークはもう40がらみの子持ち中年だが幾つになっても少女性を強く感じさせる人である事に異論はないだろう)。

時代や地理を超えた普遍的なシーンを切り取ったこの歌で「アイスランドの少女」とやる事は、それが具体的な「ビョーク」というイメージを伴うだけにが明らかに聴き手に余計な想像を強いてしまいここで歌われる世界を台無しなものにしてしまう。
ビョークというシンガーの強烈な個性故だ。彼女は万人に広く受け容れられるものではない。ビョーク大好きという聴き手もいればビョークを大嫌いな聴き手もいる。「ビョークが好きな女」が嫌いという聴き手も中にはいるだろう。いずれにせよ、「アイスランドの少女」とやるだけでこれだけ聴き手の想像力を散逸させてしまう事に変わりは無い。
50年前でも50年後でも違和感なく聞くことが出来る普遍的な心象風景を歌ったバラードに明らかにそぐわない文句である事は明らかだ。

(さてそこでアイルランド出身のエンヤはいいのかという話になる。ビョークとは対照的に、エンヤから母性ならともかく少女性を見出す者は普通いないので問題なし。「アイルランドの女」ならともかく「アイルランドの少女」をキーとしてエンヤを連想する事はない)

普遍性といえば星新一。
氏の作品の登場人物で「エヌ氏」という匿名の主人公が度々登場するのは有名だが、これは固有名詞を登場人物に当てることで読者がその固有名詞に対して自分の持っているイメージを当てはめてしまう事を避ける為と本人が語っていた事を読んだ事がある。
また自らの作品に普遍性を持たせる為に、世の流行や具体的な描写を取り入れる事は意識して避けていた。
例えば大金について書く場合は
『や、これは大変な大金。』といった具合。
決して100万円とか1億円とかいう書き方をしない。これは最後まで徹底していた。
彼の著作が広く数十カ国で翻訳され愛読されているのは、氏の書く内容に具体的な時代・風俗・地域を明示する描写が極端に少ない事も理由の一つであろう。


話が逸れたが、椎名林檎があえて普通の聴き手にはイメージの湧かない事から「アイルランドの少女」と書いたのであれば流石という他は無い。うんお見事。
【記事編集】 |  12:55 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
福島瑞穂ブログ
2006.04.13 (Thu)
炎上中

魂の自由云々というなら
これまで数十年に渡り執拗に繰り広げられた社民や朝日を中心とした「アンチ君が代・日の丸キャンペーン」は一体何なのかと。
それこそ誰よりも「魂の自由」を束縛してきた連中が、最近自分達の思惑通り事が運ばないので食ってかかってるだけだな。
そんなに嫌ならみんなが君が代日の丸放り出して飛びつくような対案でも示せば良いのに、一向に出してくれないのねえ(苦笑)
【記事編集】 |  03:02 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
こういう話も
2006.04.09 (Sun)

日本のマスコミはきちんと国民に伝えるべきだ

何かってえと反日デモだのまたロケット砲打ち込まれましただの
とにかく反日的な論調一色だからな
【記事編集】 |  10:48 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
2006.04.01 (Sat)
いや今日から新年度で
街にはフレッシュメンが行きかう季節ですが
何度迎えても嫌だねえ春は
春は嫌いです。
それはきっと何もかも新しく活動を始める時期にあって、
そのままでいる自分が取り残されたような焦燥感に駆られるからであって。

気の持ちようと分かってはいるんだけど。
【記事編集】 |  13:25 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
外壁工事
2006.04.01 (Sat)
住んでいるマンションの外壁リフォーム工事で
マンションの外側が足場で包囲された状態…
ベランダの外に職人が行きかうので
こんなにいい天気なのにブラインド全閉…
この状態でもう三週間経つが
工事中だから日中は洗濯も出来ないし騒音は酷いし
いい加減うんざりしてきた。早よ終われ
【記事編集】 |  13:22 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。