2006年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
当たり!
2006.06.30 (Fri)
案の定北の出来の悪いスピーカーに過ぎなかった金英男。
彼は拉致の犠牲者というより最早加害者側の人間と意っていいだろう

<拉致問題>金英男さん会見内容 不自然さも浮き彫り

 韓国人拉致被害者の金英男(キムヨンナム)さんは29日の記者会見で、拉致されたことを全面否定し、横田めぐみさんの消息に関しても従来の北朝鮮の主張を繰り返した。しかし、その内容を詳細に見ると、つじつま合わせとも取れる説明や不自然さも浮き彫りになる。【ソウル堀山明子、工藤哲】
 英男さんは会見で、78年8月、海水浴場で先輩2人に脅され、小舟の中に身を潜めていたところ、沖に流され、船に助けられた、と北朝鮮に渡った経緯を説明する。「船の上で眠ったらしい」「通りかかった船に救助された」との説明は、63年に日本海で襲われて拉致されたとみられる寺越武志さん(56)のケースを想像させる内容だ。
 現在、北朝鮮で暮らす寺越さんは13歳の時に叔父2人に連れられ、船で漁に出て行方不明になった。87年に叔父の1人=94年に病死=が手紙を日本の親類に送り、生存が判明したが、元工作員は「3人は拉致された。その際1人が射殺された」と証言。拉致の疑いが濃いケースだ。
 寺越さんは、母親に対して北朝鮮に渡った経緯を「寝ていて覚えていない」と説明。また、手紙で生存を知らせてきた叔父の話として、母親は著書の中で「漂流していたら、北朝鮮の船に救出された」と記している。
 英男さんについては、80年に韓国で拘束された北朝鮮の工作員が拉致したことを認めたと、97年になって国家安全企画部(当時)が発表した経緯がある。会見はそれを真っ向から否定するものだが、「疲れて寝てしまい、気づいたら船に救助された」との説明は不自然さが残る。
 また、77~78年には英男さんを含め5人の高校生が拉致されたが、会見では他の4人について「何も知らない」と言い切った。00年11月に初めて拉致被害者が離散家族再会事業に参加して以降、英男さんを含め13人の拉致被害者が家族と再会したが、拉致を認めた被害者はいない。
 英男さんの会見では、横田めぐみさんの消息に関して、「94年4月13日に自殺した」とする北朝鮮の従来の説明を繰り返すものだった。結婚の時期や経緯についても、「86年8月」で、「めぐみさんから日本語を教えてもらっていた」とし、北朝鮮の説明を踏襲した内容だ。
 02年9月の日朝首脳会談直後に訪朝した日本の調査団に、めぐみさんの夫とされる「キム・チョルジュン氏」が横田滋さん、早紀江さん夫妻にあてた手紙がある。キム氏が英男さんと同一人物とすれば、英男さんは手紙の中で、「1993年突然病気でめぐみさんを失うという不幸が襲ってくるとは……」などと記していた。
 実際、めぐみさんの消息について、北朝鮮は当初、「93年3月に自殺」と説明。しかし、蓮池薫さんらが「94年に見た」と証言していることを毎日新聞が報じると、04年11月の日朝実務者協議では「94年4月に自殺」と変えた経緯がある。手紙の記述や今回の会見は、北朝鮮の説明の変遷ぶりも反映しており、英男さんが北朝鮮側の主張を代弁するだけの状況に置かれていることを表していると言えそうだ。
(毎日新聞) - 6月29日22時6分更新


事前予測が大当たりなのが実に笑える。お約束なのか

金英男さんは記者会見で何を話すのか




 金英男(キム・ヨンナム)さんはなぜ個別の記者会見を行おうとしているのだろうか。より正確に言うと、北朝鮮当局は、金さんを通して何を主張しようとしているのだろうか。

 北朝鮮側の関係者は「韓国側が気にしていることはすべて解消される」と話した。そこで韓国政府当局者は金さんが北朝鮮に拉致された過程について、「強制的に北朝鮮が拉致したものと認めるのか」と問い返した。

 これまでの北朝鮮のやり方からみて、金さんが自分は自主的に北朝鮮に行ったと話す可能性がある。しかしこうした主張は国際社会の反感に火を注ぐおそれもある。そのため、ある専門家は「金さんは海水浴をしていて事故に遭い、近くを通りかかった北朝鮮船舶に救助されたと主張する可能性もある」と予想した。

 金さんは日本に対し再度「日本側に引き渡しためぐみさんの遺骨は本物」と主張するとみられる。日本では「めぐみさんは生きているが、北朝鮮当局が何らかの理由でこの事実を隠している」との見方がある。従って金さんが、めぐみさんの自殺した背景や過程などについて詳しく話す可能性がある。もちろん事実関係はまったく分からない。

 韓国政府の関係者は「金さんが日本に対して『人道的な問題を政治的に悪用している』と非難する可能性が高い」とした。また、金さんが北朝鮮体制を礼賛するとともに、韓国への送還を拒否する意向を明らかにすることも考えられる。

 ほぼ同時期に拉致された他の韓国人について言及するかどうかにも関心が集まっている。

 金さんが拉致された5日後に全羅南道紅島海水浴場で当時天安農業高校3年だった洪建杓(ホン・ゴンピョ)さん、李明雨(イ・ミョンウ)さんが拉致され、 前年の1977年8月には紅島海水浴場で京畿道平沢市のテグァン高校の2年生だった崔承民(チェ・スンミン)さん、李民教(イ・ミンギョ)さんが拉致されている。

アン・ヨンギュン記者


所詮韓国と連携して北にあたるなど無理な話。
日本にとって北はただの敵国だが、
韓国にとって北は同胞であり共に日本と戦うべき盟友だからだ。


スポンサーサイト
【記事編集】 |  06:49 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
正論が攻撃される不思議
2006.06.29 (Thu)
この発言のどこが問題なのか。

「選挙権ほしいなら帰化を」 県会議長発言
2006年06月29日

 永住外国人に対する地方参政権の確立を要望した際、「帰化すればいい」と発言されたとして、在日本大韓民国民団県地方本部(朴昭勝団長)は28日、県議会の新田篤実議長に抗議文を出した。新田議長は朝日新聞の取材に対し、発言したことを認めている。
 民団によると、今月2日、朴団長らが新田議長に地方参政権確立のための意見書採択を要望。新田議長は当初、「いけんものはいけん」と取り合わず、「竹島問題」にも言及。さらに「そんなに選挙権がほしいなら、帰化すればいい」と発言したという。民団側は「人権問題だ」とその場で抗議したという。
 抗議文では「前回の対応を反省し、発言の撤回と謝罪を求める」としている。朴団長は「われわれの民族性を抹殺する差別的な発言であり、容認できない」と話している。
 抗議に応対した県議会事務局の加賀美和正局長は「(地方参政権を求める)要望書は総務委員会に送ってある。抗議文は議長に渡したい」と話している。(福家 司)


商品が欲しければ代金を払って手に入れる。
選挙権が欲しければ国籍を取得して手に入れる。
至極当然である。代金を支払わずに品物が欲しいと駄々をこね、代金を請求する店員を人権侵害呼ばわりするなど噴飯ものだ。

まずは在日特権の廃止からはじめよう

【記事編集】 |  22:06 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
スイス戦での戦犯は?
2006.06.25 (Sun)
朴主永  19.6%
イ・ホ   13%
審判    39.1%
日本人  28.3%





朴主永  19.6%
イ・ホ   13%
審判    39.1%

日本人  28.3%

t_nandeyanen.jpg



もはやお約束




【記事編集】 |  23:42 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
2006年W杯ドイツ大会の日本の戦いで一番解せなかったもの
2006.06.24 (Sat)
それは
対豪州戦、後半残り10分で投入されたにもかかわらずちんたら歩いていた小野でなく

芸術的なクリアでクロアチアの守備に貢献した柳沢でもなく

予選Fブロック
6月20日 日本対クロアチア

スコアレスドローで試合終了し日本のグループリーグ敗退がほぼ確定した瞬間に
なぜか大喜びしていたこの人

20060620.jpg

しかもわざわざドイツまで行って

【記事編集】 |  16:47 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
紙媒体の衰退はここにも
2006.06.24 (Sat)

<エイビーロード>10月号で休刊 リクルート

 リクルートは23日、海外旅行情報誌「エイビーロード」を10月号で休刊すると明らかにした。インターネットサイト「エイビーロード・ネット」で同じ情報を提供していることから、広告掲載をサイトに切り替える旅行会社も増えているため。最盛期の94年は月38万部を発行したが、今年3月は11万部に落ち込んだ。
(毎日新聞) - 6月23日20時39分更新


これまで17カ国を訪れた。格安チケットのみ購入しホテルの予約もせずに出発する完全な自由旅行、旅はまずエイビーロードで格安航空券を探すところから始まった。
自分にとって頼もしいガイドであったエイビーロードが廃刊とはなんとなく寂しいような気もするが、この手の雑誌はその主眼である最新の情報の供給という能力においてwebに全く敵わないので取って代わられるのは致し方ない。早晩アルバイト雑誌も廃刊が決まるだろう。
これら情報誌に限らずとも、単なる最新情報を伝書鳩のように読者に伝えるだけの雑誌は衰退の一途を辿るに違いあるまい。次の廃刊ラッシュは所謂クルマ雑誌やバイク雑誌に来るのではないかと睨んでいる。
【記事編集】 |  06:30 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
感動をありがとう
2006.06.23 (Fri)
というお決まりのフレーズはいくら日本のマスゴミといえどさすがに今回は使えないでしょう。
空港職員はエスケープルートを確保せよ

奇跡ならず日本1次L敗退 W杯ドイツ大会第14日
【ドルトムント22日共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会第14日は22日、ドルトムントで1次リーグF組最終戦の日本-ブラジルを行い、日本は1-4で逆転負けした。日本は1勝もできず、クロアチアと引き分けた勝ち点1だけで同組最下位となり、2大会連続の決勝トーナメント進出はならなかった。
 ブラジル戦に1次リーグ突破への望みを懸けていた日本は、不振のFW陣を入れ替え、今大会初先発出場の玉田圭司(名古屋)が前半34分に先制点。しかし、前半終了間際にロナウドに同点ゴールを許した。後半も相手の爆発的な攻撃を抑えることができず4失点。ロナウドは2点を挙げてミュラー(西ドイツ=現ドイツ)の持つW杯通算最多得点記録14に並んだ。ブラジルは優勝した前回大会からの連勝記録を10と伸ばした。
 F組のもう1試合は、オーストラリアがクロアチアと2-2で引き分けて勝ち点4の2位で初の決勝トーナメント進出。クロアチアは勝ち点2の3位だった。
 E組では優勝候補のイタリアが2-0でチェコを退け、勝ち点7で1位となり、決勝トーナメント1回戦でオーストラリアと対戦。米国に2-1で競り勝って勝ち点6の2位となった初出場のガーナはブラジルと当たる。
(共同通信)



どっかの伊紙じゃないけど、本当に「ジーコが可哀相」。一から出直しですな
【記事編集】 |  07:03 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
これは…
2006.06.19 (Mon)
いくら相手が嫌いでもいじめられっ子でも
卒業文集にこういう内容は普通書かない
bunshu.jpg


畠山容疑者の通った高校がどの程度のレベルか大体想像できるな
田舎だから純朴とか人がいいとか、そういうのはただの幻想。

【記事編集】 |  03:13 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
もしかして
2006.06.18 (Sun)
ストライカーを擁せずにドイツにやってきたW杯出場国は日本だけではあるまいか。

しかしあそこまで、正に病的なまでにシュートを恐れ回避するのは何故か。責任を持ちたくないのか。失敗するのが怖いのか。失敗して責められるのが怖いのか。打たなければシュートは決まらず、シュートが決まらなければ絶対に勝てないというのに。

間違いない。
彼らは紛れもなく我々日本人の代表だ。


「いい奴」なんかいらない。エゴイストの点取り屋こそ日本に必要な人材だ
【記事編集】 |  00:04 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
日本のW杯2006
2006.06.12 (Mon)
はい終了。次頑張ろう


さてブラジルは楽しみだなー
【記事編集】 |  23:54 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
上がり
2006.06.12 (Mon)
モノを対象とした趣味には「上がり」というステイタスが存在する。
自分の理想とするモノを手に入れた時に「これを手に入れたらもういいや」と呟き、以降は買い換えていく事なく終生その理想のアイテムを愛で続ける境地に達する事をいう。
あくまで当人にとっての理想なので、余人が見て首をかしげるようなアイテムでも「上がり」には至りうる。何も高価なものとは限らない。
散財の心配がなくなるという点ではモノノマドたる人生を歩んできた趣味人にとって「やっと辿り着いた安楽の地」であるともいえるが、「上がる」事をもって趣味のセミリタイアと見る向きもある。

で、自分にとっての「上がり」には幾つか条件があることに気づいた。

①技術的・質的にハイレベルでユニークなメカニズムや構造・マテリアルを持っていること
②一生無理なく維持していける見込みがあること
③モデルチェンジの恐れがない絶版モデルであること
④理想的なフォルムを持っていること
⑤当然、それに自分が惚れ込んでいること

①は所有欲を満たす為に必要であり、②は維持費がかかりすぎるのでは一生付き合う覚悟が出来ない。③は新型モデルにはどうしても目移りしてしまうし、④は何のかんの言ってもカッコよくないのではやはりよりカッコいい他モデルに目移りしてしまう。⑤は当たり前。

自動車は既に「上がった」。値段としては大した事のないフランスのライトウェイトスポーツカーだが、上記の五項目を全て満たす(自分にとっての)この世で唯一の存在。一度だけ血迷って手放そうとした事があるが、いなくなって改めて稀有な価値を持った車である事に気がついた。
時計も「上がった」。某世界最高のステイタスを持つブランドの廉価モデルに過ぎないが、形・色・美しさともに理想に極めて近い。世界で限定50本であるところも所有欲の満足に一役買っている。

そしてバイクも先日ついに「上がった」。
dream50s_2971222.jpg


↑(・∀・)コレ!

車でもそうだが、持て余す程の大排気量大パワーよりも軽量小型を武器に少ないパワーを目一杯使い切って走らせるのが好み。これは世界最小のDOHCエンジン、往年のカブレーサーレプリカ、限定1000台…
惚れた。矢も盾もとまらず探しまくっていたが今ひとつピンとこない。ああでもないこうでもないとネットの海を進むうちにこの限定色バージョンの希少な出物にたどり着いた。見てすぐにピンときた。「これだ。」しかも自分がやろうとしていた武川ボアアップまでしているというではないか。もう矢も盾も止まらずバイク屋に直行、程度を確認後即契約。
バイク屋の親父は少し悔しそうな表情をして「どこで見つけた?」「ウチは何件目?」と色々聞いてきた。何でも本人もこのドリームを気に入っていて店のサイトに載せながらも別に売れなくてもいいやと思っていたらしい。道理でgoobikeにも載っていないわけだ。自分がかぐや姫のもとにやって来た一番乗りの公達というわけか(バイクは男性名詞)。これが意志の力というものか。

それはともかく、納車の帰り道だけでその途方もない資質は良く分かった。14000まで回るエンジンは実に痛快。蝶のように軽いコーナリング。各部の作りも実に丁寧で質感高い。ホンダからこんなモデルはもう二度と出てこないだろう。自分の見立てに狂いはなかった。
正しく上がりに相応しい一生モノ。
カブ90からこれに換え、毎日の通勤がサンダル履きの散歩からハイテクスニーカーを履いてのランニングに変わった。正直通勤が楽しくて堪らない。
いや実にいい買い物をした。

自動車、時計、二輪と金のかかる三大趣味で上がってしまった自分。しかし何故金が貯まらん(笑)


【記事編集】 |  01:30 |  goods  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
アイル・オブ・マン
2006.06.10 (Sat)
ご冥福をお祈りします

英マン島TTレース出場のライダー、前田淳さんが死去

 【ミュンヘン(独)=千葉直樹】英国中部のマン島で今週末に行われる世界最古のオートバイ公道レース「TTレース」の広報担当者から読売新聞社に入った連絡によると、先月29日の同レース予選に参加した2輪ライダーの前田淳さん(38)(京都府在住)は後続マシンに追突され、骨盤骨折などで重傷を負ってマンチェスター市内の病院に入院していたが、5日、死去した。


 予選の直前には、視察に訪れた石原慎太郎・東京都知事から激励を受けていた。

 鈴鹿8時間耐久ロードレースなど国内のサーキットで活躍した前田さんは97年からはマン島TTレースに参戦して昨年は6位に入るなど、海外の公道レースにも活動の場を広げ、日本を代表するレーサーだった。
(2006年6月7日0時34分 読売新聞)



創業間もないホンダが挑み、世界のホンダの橋頭堡とした事でも有名な世界最古を誇る伝統のマン島TTレース、ヤバさはサーキットのロードレースの比じゃない。一周60km、高低差400m、218のコーナーを抱える公道コースを平均200kmを超えるスピードで三周するが、サンドバリアやウレタンパッドの代わりにコース両脇に並ぶ石垣や木柵、街路樹や門柱が転倒したライダーを待ち受ける。当然のように毎年死者を出しており最も危険な二輪レースと言っても過言ではない。
それでも絶えず続くのはやはり伝統のなせる業か、はたまた「大人の国」である英国ならではか。

http://www.youtube.com/watch?v=qF-JjtA-eUA&search=mann%20tt%20motorcycle

いやいやいやいや。
昔のビッグシングルとかツインとかいうレベルならともかく、幾らなんでも低μの荒れた公道コースに最新のリッターSSとか無理だから。普通に無理だから。もうタイヤの暴れまくり具合とか車載カメラに映るサスの有り得ない挙動とか、もう危なっかしくて見てらんない。

これはそろそろ排気量とかパワーとか、何らかのレギュレーション設けないとヤバイ。普通に考えてもバイクの性能が右肩上がりなのにコースは半世紀前と少しも変わってない、この事実が何を意味するかは小学生でもわかる。レーサーの自己責任論にも限界があるのではなかろうか。

【記事編集】 |  23:32 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
シンドラーのリフト
2006.06.07 (Wed)
というタイトルで
そのうちどこぞの週刊誌が記事を書くに違いない。

【記事編集】 |  21:42 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
さてこれは果たして
2006.06.05 (Mon)
正夢か。

136 本当にあった怖い名無し New! 2006/05/23(火) 20:51:42 ID:U4xP114oO
この事件が解決したニュースをさっき電車でうつらうつらした一瞬、夢でみました。なんだか変にリアルな感触で気持ちが悪いので、話させてください


犯人はあやかちゃんのお母さんでした
保険金を狙って、あやかちゃんを川へつき落としたのが第一の事件です
新しく付き合う人が出来て、あやかちゃんが邪魔だったのもあるようでした
その後自分に容疑がかからないよう、わざと騒いでいたようです
しかし未だ不審死のため下りない保険にしびれを切らしていたところ、ごうけんくんにあやかちゃんを殺害後、川から帰って来るところ(や男と一緒のところ)を見られていたことがわかり、口封じの為に家に連れ込んで殺した…という顛末でした

たいして興味がないニュースだったのに気持ちが悪いです



<秋田男児殺害>水死女児の母を逮捕 死体遺棄容疑
【記事編集】 |  03:06 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
いやー…
2006.06.04 (Sun)
平塚の件といいこれといい、最近凄いな

近所の女性から任意で聴取 70人態勢で自宅や車捜索

秋田県藤里町の藤里小1年米山豪憲君(7つ)が殺害された事件で、能代署捜査本部は4日、豪憲君宅の近くの無職女性に任意で能代署に出頭を求め、事情聴取した。また殺人、死体遺棄容疑で女性の自宅や秋田県能代市の実家など数カ所と車数台を捜索した。
 豪憲君は自宅から近くの公園までの約60メートルの間で行方が分からなくなった。女性宅はこの間にあり、捜査本部は豪憲君の失跡について、何らかの事情を知っている可能性があるとみて、4日早朝に出頭を求め、聴取を続けている。
 捜索は約70人態勢で、女性の自宅玄関柱から指紋を採取したり、実家から押収品の段ボールを運び出したりしていた。
 女性は共同通信などの取材に対し、豪憲君が行方不明となった5月17日午後3時20分前後は「家に1人でいた。外は変わった様子はなかった」などと関与を否定していた。



事実が小説や映画を完全に超えてしまっているという。
自分が読んで本気で怖かった小説に「黒い家」があるが、まさにその辺を地でいく恐ろしさ。

しかし何でこうあっさりと一線を踏み越えてしまうのかね。
想像力の欠如につきる。
これをやってしまったら自分の人生がどうなるか。自分の親兄弟の人生がどうなるか。友人はどう思うか。相手の親はどう思うか(特に娘を亡くしたばかりの見であれば思いを巡らせられない訳がない)。
この辺を少しでも想像する力があれば、こうも安直に人を殺める事はない筈ではなかろうか。

想像力は一朝一夕に身につくものではない。想像力を養う機会のないまま社会に出てしまう不幸はひとえに育った環境につきるだろう。貧困な想像力の親が育てる子供の想像力もまた高い確率で貧困なものになるだろう。
教師から、あるいは友人からいい影響を受ければまだ救われるのだけど。結局彼女の一生は何かの為になったのだろうか。
【記事編集】 |  18:03 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
左手首3
2006.06.02 (Fri)
今週三度目の診察。
つかギブアップ宣言を聞きにいっただけですな。
前回から更に悪化し完全にドロップハンド状態なのを見た担当医師は自分の担当外であるのを確信したらしくでもはや興味を失った様子。
とう骨神経麻痺ではないかとの言葉にも「まあ神経内科で見てもらいなさいな」みたいな他人事のような反応で
「宛先を空欄にした紹介状書いてあげるから、ネットとかで神経内科を検索してさあ、見てもらって、でまた整形外科だって事になったらまた戻ってきてもらおうか。な?」

な?じゃねえよ。
神経内科で検査の結果やはり整形外科という事になったら、見つけられなくて盥回しにしたあなたはヘッポコだったということになります。そんな人にはこれ以上診て貰うつもりはありません。
あなたの言う通り神経内科の病気と言う事になったら尚の事、神経内科を持たないこの病院に来る事はもうありません。
いずれにしてもあなたとはこれで今生の別れですね。お世話になりました。と心の中で呟きながら病院を後にする。

翌日紹介状とレントゲン、MRIを借りてきた。よく取れてるなあMRI。これを網棚に置き忘れたりしたら究極の個人情報流出だな。何せ体の中丸見えだし(笑)

やはり最初からその道の権威で見てもらわないと結局高いものにつくといういい教訓でした。慶應行こうっと
【記事編集】 |  13:36 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。