2007年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
35歳…
2007.01.28 (Sun)
落ち着け。

ハロプロ公演で熱狂ファンが転落
アイドルグループ「モーニング娘。」らが出演し27日に横浜アリーナで行われた「ハロー!プロジェクト」のコンサートで、3階席にいた静岡県富士川町の男性ファン(35)が約4・5メートル下の2階席の通路に転落する事故が起きた。男性は頭を強く打ち重傷。はしゃいでいるうちに高さ約1メートルの手すりを越え転落したとみられる。
 男性が転落したのは、コンサートが開演する直前の27日午後6時15分ごろ。港北署によると、男性は3階席の最前列にいた。会場では、モー娘らアイドルグループの登場を心待ちにするファンがヒートアップ。男性もピョンピョンと跳びはねる姿が目撃されており、はしゃいでいるうちに高さ約1メートルの手すりを越え、約4・5メートル下の2階席の通路に転落したとみられる。通路はコンクリートだが、薄いカーペットも敷かれていた。
目撃者は「酔っぱらっているように見えた」と証言。会場には救急車が出動し、救急隊員が駆け付けた際も酒のにおいがした。男性は意識はあったものの、耳から血を流しており、救急車の中では足をばたつかせ、うめき声を上げていた。搬送された横浜市青葉区内の病院で急性硬膜外血腫と診断され、緊急手術が行われた。
コンサートは同日午後6時20分から開演の予定だったが、この事故で開始が約10分遅れた。コンサートにはモー娘のほか、松浦亜弥(20)、安倍なつみ(25)、「美勇伝」らが出演した。港北署によると、横浜アリーナで客がスタンドから転落する騒ぎは初めてだという。モー娘は28日にデビュー10周年、ハロプロの新春ツアーのファイナルを迎える。節目を前にしたアクシデントだったが、公演は予定通り行われる方向。
[ 2007年01月28日付 紙面記事 ]


で、この35歳の負傷「急性硬膜外血腫」とは。
結構洒落にならない重傷だですね。まあ救急車の中では意識がしっかりしていたというので幸い脳損傷は免れた可能性は高く、GR+MDが60%近い年齢層に属しているのでなんとか社会復帰は可能と思われますが。それでも復帰できない可能性も低くはなく。
何というか…これで人生終わったらさすがに親は泣くね。35歳でモーヲタやってる位だから家庭を持っている可能性は極めて低く、家族を路頭に迷わす事がないのが唯一の救いというか。まあお大事に。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  17:15 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
Return from White Journey
2007.01.28 (Sun)
最高気温氷点下の真冬のスカンジナビアをうろついて帰国。
いやー日本は物価が安くていい(笑)あちらは何もかも日本の三倍するから値段が。自販機の紙コップのコーヒーが400円以上とかコーラが500円以上とかありえないからマジで。名づけて「物価三倍の法則」。

旅にはW-ZERO3を携行し、時間が空いた際に色々メモを書き留めた(正にQWERTYキーボードの本領発揮)。それと凍傷になりそうな気温の中で撮影した写真をアップすればそのまま紀行文ブログになる。面白そう。
がなんと。肝心のW-ZERO3を最終日のOsloのホテルに忘れてきてしまった。

Oslo空港で気付き慌てて電話したら幸いにもホテルで見つけ保管してくれていて、送料さえ前払いすれば(笑)日本の住所に送ってくれるとの事。それを現在交渉中。絶対Nokで払えとか無茶言わない限りは大丈夫だと思うが、戻ってくるまで一ヶ月位は時間がかかるかも。

という事で旅ブログはメモが沢山詰まったW-ZERO3の帰還後順次アップ予定。戻ってこなかったら?
…まあその時はその時で。
【記事編集】 |  15:05 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
Nordkapp
2007.01.22 (Mon)
Although the blizzard kept browing, I could have visited Nordkapp today and now Im in Alta, about 100km south from Honningsvag.

Nordlkapp..all the things are covered with snow but was not so cold as Oslo.
...
I will write details after I come back to Japan.
Good Night.

(The hours late for 8hours from Japan)
【記事編集】 |  07:12 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
Honningsvag
2007.01.21 (Sun)
I've come here, Honningsvag!
The nearest town to Nordkapp, the North End of europe.
Unfortunately, It snows so much(near blizzard) and perhaps the road to Nordkapp will be closed tomorrow. So pity!
In January the Sun never rises here.
And from the airplane from Tromso, I saw the down of winter Lapland.
Sun rises quite a little and then folling down again.
The deep purple sky, red light like neon on the east horizon..so beautiful!
I´d arrived about noon, the city was in twilight, and then after 2hours the night has come.

【記事編集】 |  00:17 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(5) | Top↑
From Oslo
2007.01.20 (Sat)
Cold. Expensive.
That is impression of Oslo.
Evrything is freezed. City is freezed,Royal Palace is freezed. And my wallet is so cold cause everythin cost too much. I miss cheap and warm Matsuyas PigBowl.lol
(Im not Yohinoya fan, but Matsuya fan. Its important)
Even singleroom of chep hotel (without shower or toillet) cost me about 10 thousant yen for 1 night.
Oh come'on!

Tomorrow, I will fly to Honningsvag if my reservation from website in Copemhagen was succeeded. Im not sure.
Honningsvag is nearest town from Nordkapp, The North End of Europe. But naturally much colder and in winter Sun never rises all day. So challengeable! lol
Anyway, My journey last for 1 week.
Hope come back to Japan safely!
【記事編集】 |  05:20 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
Farewell
2007.01.17 (Wed)
DSC_0008s.jpg

今の会社は今月末までで退社、出社は既に先週中にて終了。
「出社に及ばず」令による最終出社日にしては思いかけず花束なんぞ頂いて
これは嬉しい想定外。
とにもかくにも一つの章が終わった。

そして本日から北欧を廻る。久しぶりの長期休暇だー
さー13h00発のアエロフロートに急がなくては。

アエロかよw
【記事編集】 |  09:04 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
休日の…
2007.01.14 (Sun)
掃除も洗濯も終わって静かな夕べに
コーヒー淹れて読書したりPCに向かったり
こういう時間が一番落ち着く時かもしれない。
まあこの2ヶ月色々ありました。ひとまず落ち着きました。
もうじきまた疾風怒濤かもね?w
【記事編集】 |  19:27 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
新春初笑い半島発
2007.01.08 (Mon)
まともに取り合う人がいるの?

韓国の盧武鉉大統領が昨年11月にハノイで行われた安倍晋三首相との会談で、 日本海を「平和の海」と改名するよう申し入れていたことが8日、明らかになった。
日本政府関係者が明らかにした。安倍首相は盧大統領の提案を即座に拒否した。
日本海の名称については、韓国は従来、「東海」を主張。国際機関などに名称変更を求める運動を繰り広げてきたが、「平和の海」と改称するよう日韓首脳会談で求めたのは初めて。日本側は盧大統領の真意を測りかねており、今後の日韓関係に微妙な影響を与えそうだ。



>今後の日韓関係に微妙な影響を与えそうだ。

それはない。

【記事編集】 |  14:07 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
国益と引き換えに
2007.01.08 (Mon)
独りよがりのスタンドプレイをする人。

自民の山崎氏、9日から訪朝へ
 自民党の山崎拓氏は7日、9日から5日間程度の日程で北朝鮮を訪問する方向で調整していることを明らかにした。日本経済新聞の取材に答えた。山崎氏によると8日に北京入りし中国政府関係者と意見交換した後、平壌入りするという。会談相手は未定だが「北朝鮮側の高官との会談を目指す。宋日昊(ソン・イルホ)日朝国交正常化交渉担当大使とも会うかもしれない」としている。
 山崎派の田野瀬良太郎副幹事長が同行するもようだ。ただ政府筋は「政府とはまったく関係ない。この時期に行けば北朝鮮側に利用される懸念もある」と指摘している。訪朝に意欲を示す山崎氏はこれまで「3月で調整中」「1月中旬」などとしていた。(07:01)


政府の特使でも何でもない人間が北朝鮮にのこのこ出掛けていって何ができるのか。
政府の意向とは関係なく「一人で勝手に」訪れる形である以上、彼が北朝鮮から引き出すかもしれないいかなる発言や見解も何の保証があるものでもない。
・日本側のメリットは最大でゼロ

彼が行うであろう無責任な口約束も同様。しかし北朝鮮にしてみればそれを承知の上で自民党副総裁の発言という建前の元に日本政府に担保を要求するだろう。山崎氏の約束が何もなければ得るものはないが失うものも無い。何か有利な発言を引き出せば今後の対日カードの一枚として切ってくるだろう

・北朝鮮のメリットは最悪でゼロ、うまくすればかなりのプラス。

山崎氏も百も承知のはず。それでも国政を担う立場でありながら国を売るようなまねを平気でするのが権力欲に取り付かれた人間の恐ろしさ。

しかも変態さん。
【記事編集】 |  12:01 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
なんか雲行きが
2007.01.06 (Sat)
怪しくなってきた。
合宿に被害者の下着を持っていったというのは本当なのか。
死人に口無し、実は妹に罵られた訳でもなんでもなく、ただ単に暗い劣情を実の妹に向けただけなのか。そしてその発覚を恐れて殺し切り刻んだのか。

…それであれば彼の行動は寧ろ解りやすい(笑)。彼を凶行に走らせたトリガーは理解できる。が。

妹を殺害→解体、頭を坊主にし、乳房・下腹部(性器)を切り取り、乳房と下腹部(性器)はキッチンのディスポーザーで処理、内臓はタッパーウェアスに入れビニール袋で3重梱包し自室内のキャビネットに、手足・胴体・頭部は3つの袋に入れ、クローゼットなどに放置。解体の場とした風呂場はルミノール反応すら出ないほど徹底した清掃で痕跡を完全に隠滅。


ここまで徹底して遺体を損壊し、更に遺体を部屋に残したまま平然と長期合宿に参加できる神経は理解を超える。
どのような怪物を心の中に飼っていたのだろうか。


被害者の日頃の行状についてはさておく。
【記事編集】 |  17:00 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
悲劇のお膳立ては
2007.01.05 (Fri)
整っていたのかもしれない。

<切断遺体>殺害された女子短大生の兄を逮捕 警視庁
1月4日21時5分配信 毎日新聞
 東京都渋谷区の歯科医、武藤衛(まもる)さん(62)宅で長女の短大生、亜澄(あずみ)さん(20)の切断遺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課と代々木署は4日、兄の予備校生、勇貴(ゆうき)容疑者(21)を死体損壊容疑で逮捕した。「妹から『夢がない』となじられ、かっとなって殺した」と殺害も認めている。
 調べでは、勇貴容疑者は12月30日午後3時ごろ、自宅で亜澄さんの遺体の頭部、両肩、腹部、両足などを自宅にあった文化包丁とのこぎりで切断した疑い。遺体は関節部分で十数個に切断し、4つのポリ袋に入れ、自宅3階の自分の部屋のクローゼットや物入れに分けて隠していた。室内の血痕はふき取っていた。
 勇貴容疑者は調べに対し、「『私には夢があるけど、勇君(勇貴容疑者)には夢がないね』となじられ、頭にきて殺した」と供述。亜澄さんは当時、勇貴容疑者に対して「私は勉強しているから夢が持てる。(勇貴容疑者は)しっかり勉強しないから夢がかなわない」との趣旨のことを話したという。切断した遺体については「後で捨てるつもりだった」と供述しているという。
 武藤さん方は、双方とも歯科医の両親と大学歯学部生の長男(23)、二男の勇貴容疑者、亜澄さんの5人暮らし。勇貴容疑者は、千代田区にある予備校の歯学部受験コースに通っていた。
 母親は12月30日昼、長男と一緒に東北地方に帰省のため自宅を出る際、「後で来なさい」と亜澄さんに話しており、勇貴容疑者は母親らの出発直後に殺害したらしい。武藤さんは30日夜に外出先から帰宅、31日深夜に帰省したが、遺体に気づいたのは帰省先から戻った翌日の3日夜だった。事件発覚を逃れるため、勇貴容疑者は武藤さんに「友達からもらった観賞用のサメが死んだ。部屋に置いてあるが、においがしても開けないで」と言っていたという。
 勇貴容疑者は12月31日から今月11日までの予定で神奈川県で開かれた予備校の合宿に参加。家族とは別に過ごしていた。捜査1課は4日未明、合宿先から勇貴容疑者に同行を求め、事情聴取。追及したところ事件への関与を認めた。
 ◇歯科一家、同じ道目指し浪人
 近所の人によると、武藤さん方は夫妻とも歯科医で、父親の代から地元で開業している。長男は大学歯学部に通い、勇貴容疑者も同じ道を目指していた。
 勇貴容疑者は東京都内の中高一貫私立校を卒業後、私大の歯学部を受験するために医歯学系予備校に通っていた。予備校は、入学費と授業料が約300万円で、年末からの合宿も約60万円と高額だった。
 近所の無職の男性(65)は「中学のころに『いい学校に入らなければならないんだ』と話すなど勉強に悩んでいる様子が気になった。最近は、頑張れよ、と声をかけたらニコニコ笑っていたし、兄妹の仲が悪いとも聞いたことがない」と複雑な表情だった。
 別の60代男性は「武藤さん夫妻は腕のいい歯科医で、奥さんは数年前、『長男が歯学部に受かった』とうれしそうに言っていた」と、勇貴容疑者への期待をうかがわせる話をした。
 予備校の理事長は「おとなしく、まじめにやっていた。あいさつもしっかりでき、宿題を忘れた時は申し訳ないと自分から担任に謝りに行く生徒だった。合宿中に体調や精神面で変化があれば気づくはずだが、普段と変わらなかったと聞いている。とても信じられない」と肩を落とした。


裕福な歯科医一族。出来のいい兄。自分を追い越して大学生活を謳歌する妹。それぞれが陽のあたる人生を歩む中で三浪してなお先の見えない、親の期待にこたえられない自分の人生。

妹になじられた事など直接のきっかけではない(そんな大したことは言っていない)。既に彼が爆発する環境は整っていた。膨れ上がった風船を破裂させるには短い針が一本あれば十分だった。

悲劇はある日急に降りかかるものではなく。
木の枝が少しずつ降り積もる雪の重みに耐え切れず、やがて根元からぽっきり折れてしまうように起こるものなのだ。


しかしカッとして殺してしまうまではわからないでもないが、その後細かく解体してさらに自室の押入れにしまいこんだまま合宿に出かけるその神経は常人のものではない。
生まれながらの異常人格者なのか、既に正常な判断力を失ってしまうほど追い詰められた心理状態だったのかは分からないが。
【記事編集】 |  00:49 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
着物でやんなよ
2007.01.02 (Tue)
売れ行きも好調な資生堂TSUBAKIのCFもお正月バージョンで着物姿。
「日本の女性は、美しい」というテーマ通り一連のこのCFシリーズに登場するモデルはみな綺麗な黒髪をなびかせている。着物に黒髪は実に似合って美しい。それはいいのだが、このCFでお約束の三人並んで黒髪を風になびかせて歩くのを後ろから撮ったショット、着物なのにモデル歩きは如何なものかと
着物の歩き方は違うだろと。
そんな大股で颯爽と右腰!左腰!右腰!左腰!みたいな歩き方したら一発で着崩れるだろうと。
ミスマッチ狙ってるのか演出が分かってないのか知らんが、あれは面白いなー。まあ印象に残るといえば残りますよ確かに(笑)

正月期間限定だろうから運良く目にしたら是非最後まで注意を逸らさずご覧じろ。結構笑える
【記事編集】 |  22:17 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
年末年始は
2007.01.01 (Mon)
日本海沿いの街で過ごすのが習い。
何か知らない内に街も様変わりしているようでも中心部から遠く離れたここでは余り実感する事もなく。
白鳥づくしで朝は白鳥の騒がしい鳴き声で目が覚め、外に出て三分も歩くと街中のカラスのように枯れ田のそこかしこで餌を漁っている白鳥が目に入る。ふと空を見れば白鳥のV字飛行が目に飛び込んできたりする。
そんなところ。
img20g2.jpg

今年初の夕暮れ日本海
【記事編集】 |  23:33 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。