2007年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
Footprint of youth
2007.02.28 (Wed)
高校生の頃好きだったVesta Williamsの"Once bitten, twice shy"
月日が経つごとに気になり始め、ずっと探していたがとうの昔に廃盤。そして中古でも全く出物がない。日本でもそこそこ売れたはずだがまったく陰も形も。
何年もの探索の果てに、ひょんなところから昨日この音源をやっと入手。
やっと…。

再生してみると脳内で何度となく再生した彼女の歌声が、タイムマシンのように自分を10代の日々に瞬時に引き戻してくれる。10余年の月日を経て邂逅した旧友のよう。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  01:47 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070119 03h30
2007.02.28 (Wed)
『雨に降られまくって博物館のひとつも行けなかった。
2007011813h51s.jpg

2007011815h51s.jpg

2007011816h08s.jpg

そして戻ってきてガイドブックを捲っていると最悪のミスが判明。
Nordkappに行くにはHonningsvagに行かなければならないのに、何を勘違いしたのかHammerfest行きを予約してしまっていた。何度見返してもサイトから予約番号で検索しても変わらない、自分が予約したフライトはHonningsvagでなくHammerfest行きだ。愕然とする。何とかならないか調べたらHammerfestからでもバスで3.5時間でHonningsvagに行ける事は行けるらしい。土曜日を除いては毎日1-2本バスが出ていると。しかし移動を予定しているのは正に20日の土曜日だ。即ちHammerfestで一泊足止めを喰うのはは必至。Honningsvagから戻って来る長距離バスの乗り継ぎが合わず最長でTromso,Narvikでそれぞれ一泊となった場合には26日までにOsloに帰って来られない。さすがにここで一か八かのリスクを犯すわけにはいかない。

少しの逡巡の後に涙を飲んでHammerfest行きのチケット代5万円は捨て(取り消すにはSASのオフィスへ足を運ばなくてはならないが当然そんな時間はない)、Honningsvag行きのを新たに購入する事にする。次にScandinaviaに来るのはいつになるか分からない事を思うとやむを得ない。

改めて予約番号ZZT7ZKでhonningsvergまでの予約を完了し漸く安泰…と思いきや、そもそも予約の乗り継ぎスケジュールで無事Honningsvagまでたどり着けるのか甚だ疑問に思えてくる。
SASのOslo発が08h00でTromso着が09h50、Wideroe機に乗り換えてTromso発10h15でHonningsvag着が11h38。SAS機からwideroe航空機の乗り換えに与えられた時間は25分。航空会社も違うのにそんな芸当が可能なのか。もし荷物引き取りとwideroe航空へのチェックインを改めて行わなければならないのであれば到底間に合うまい。そもそもwideroe航空のサイトからの予約でtromsoまでのscandinavia機の予約まで出来ているのか。いや幾ら何でも不可能な乗り継ぎスケジュールなど提示ないだろう。いや日本ならそうだが欧米のサービスは分からない。と、心配し始めたらきりがない。

セブンイレブンで買ったCarlsbergを一気に空けたら急に眠くなり気がつけば3時。
何の物音もしない。完全に無音だ。漠として静かとはこういうことをいうのだろう。』


【記事編集】 |  01:04 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
雨のCopenhagen
2007.02.25 (Sun)
1日だけのコペンハーゲンは生憎の雨が午後から振り出して散々だった。しかしここはとてもコンパクトで綺麗で何もかも整備されていてとても好ましい。デンマークをしておとぎの国という形容はよく目にするが、自分が体験した唯一のデンマークであるコペンハーゲンは確かによく出来た箱庭のような街だった。スカンジナビアで住むならこの街がいい。

駅を抜けて左手をまっすぐ進み
2007011810h29s.jpg


ハードロックカフェ・コペンハーゲンの角を曲がると
2007011810h31s.jpg


すぐにTIVOLIの正面入口。冬季は営業してないのでひっそりとしている。
2007011810h32bs.jpg

人気の無い冬の遊園地というのも何だか風情があっていい。鉛色の冬空とレンガ色が絶妙のコントラストを見せとても美しい。何だか侘び寂びの世界。

そしてデンマークといえばルイスポールセン、さすがに地元だけあってあちこちのオフィスで使われているのを見るがここTIVOLIのオフィスでもしっかりとルイスポールセンの照明が使われておりました。
2007011810h32as.jpg

【記事編集】 |  12:02 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070118 08h06
2007.02.25 (Sun)
『8時丁度に鐘の音が…
遠く離れた異国で独りである身を否応なく意識させられる。
外はまだ仄暗い。』
2007011809h28.jpg

【記事編集】 |  02:58 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070118 01h36
2007.02.25 (Sun)
『CopenhagenのホテルSelandiaは駅近でロケーションはいい。ただ1万円もするのにシャワートイレ共同とは!さすがは北欧、きつい先制パンチだ。
それはともかく、ついてる!selandiaにはロビーに自由に使えるPCがあり、そこでwideroe航空のサイトにアクセスし20日のOslo-Hammerfest便の予約に成功。これで欧州最北端Nordkapp到達は確定的。13年前に最南西端のSt.Vicenteに辿り着いた時以来の「地の果て」到達だ。
北の果てNordkapp、モスクワに向かうアエロフロート機内で初めてその存在を知り胸踊ったものの時すでに遅く、交通の便の悪さからCopenhagenから陸路で行った場合は26日のOsloからの帰国便に間に合わせて帰って来ることは到底不可能と半ば諦めていたところに思いがけない幸運。Hammerfestまでの片道だが幾ら何でも5日あれば十分Oslo帰還は可能。約5万円と高いがこんな機会はそうそうない。迷わずゲット。
いやこれで、ああでもないこうでもないと陸路コースに首を捻る必要も無くなった。今日は明日19日のOslo行きさえ抑えればいい。』



【記事編集】 |  02:57 |  traveling  | トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑
電話帰還
2007.02.18 (Sun)
..from Oslo
いやー長かった帰ってくるまで。
結局予想通り、帰国から4週間遅れて漸く電話到着。ちゃっかりホテルのブローシャも大量に同封されていて、メールでやり取りしていた男性スタッフのOestbakkから添えられたメッセージに「これを友達に配ってくれ」と。んあ~Osloに行きそうな旅慣れテーラーは周りにいないんですけど。じゃあここでも宣伝してやろう。ここ見てる人も殆どいないけどな(笑)

HotelPerminalenHotelPerminalenHotelPerminalenHotelPerminalen皆さんOsloに行った際はHotelPerminalenを宜しく~駅から徒歩10分ちょっと遠いがもとノルウェー軍の宿舎つう変り種のドミトリー質実剛健朝飯も食べ放題レセプションはユースのノリで誰が着るんだこんなもんつう感じのホテル名入りのカモフラTシャツなんかも売っててグー!皆さん予約はお早めに~

Oestbakkこんなところでいい?(笑)

さて旅の間ちょこちょこと電話に書き込んだ旅のメモも一緒に帰ってきた事だし前からの構想通り旅ブログ始めますか。
ここから暫くの間ここはスカンジナビア旅ブログになります。
【記事編集】 |  20:57 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
強盗殺人×2=
2007.02.15 (Thu)
普通に死刑確定(的)

しかし、先日の渋谷の妹をバラバラにした件といいこれといい、大それた犯罪を犯す割にはその後の隠蔽工作が余りに稚拙。
今回の件にしても、首尾よく金を引き出せたとしてもコンビニの防犯カメラとATMのカメラでばっちり全身と顔のアップが映ってしまっているわけでどのみち逮捕は免れ得ない。そんなに死刑になりたいのか。やるならもっと真面目にやれ。単に死にたいだけならその辺で一人で首を吊れと。人騒がせな

【記事編集】 |  01:44 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
煽り屋
2007.02.15 (Thu)
拉致問題で日本政府を散々煽ったと思ったら
それを理由にエネルギー支援を見送った日本を今度は「孤立している」と煽り立てる。
マスゴミつうのは本当に無責任なメディアですな。
まあ一部マスゴミがどんなに煽り立てようと「自国民に対する重大な犯罪行為への不誠実な態度を大義名分に支援を見送る政府」にはどんな国だって理解を示さない訳にはいかないという事で。

拉致「置き去りにせぬ」とブッシュ大統領=対北で連携確認-日米首脳
2月15日1時1分配信 時事通信
安倍晋三首相は14日夜、米国のブッシュ大統領と電話で会談し、北朝鮮の核問題に関する6カ国協議での合意内容などをめぐり、約15分間意見交換した。両首脳は、同協議で前進があったことを評価するとともに、北朝鮮の核放棄に向け今後も日米が連携していくことで一致した。
会談は米側の申し入れで行われた。ブッシュ大統領は拉致問題について、「重要性は十分理解している。置き去りにしてはならない。日本が孤立することはない」と明言。拉致問題が進展しない限りエネルギー支援には参加しないとの日本の方針に理解を示した。同時に「(2005年9月の)6カ国協議共同声明全体がバランスの取れた形で実施されていくことが重要だ」と指摘した。
首相は「6カ国協議の進展は、日米間の緊密な連携のたまものだ。拉致問題の解決を含め引き続き連携していきたい」と応じた。政府関係者によると、これに関連して首相は、同協議で、米国が北朝鮮のテロ支援国家指定解除の作業を開始することで合意したことに触れ、実際の指定解除は拉致問題の進展を前提とするよう求めた。 
最終更新:2月15日1時1分



しかし最後にオチを持ってくるなよ米国は(笑)

声明は北朝鮮が履行すべき事項を列挙しただけで米国による見返りに言及していない。初期段階の見返りである5万トンの重油支援についても、スノー大統領報道官は同日の記者会見で「米国は供与しない。韓国が(供与)する」と言明

【記事編集】 |  01:37 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ
2007.02.12 (Mon)
今からこの弱腰では民主党政権となったらどうなるのだろう

北朝鮮口座「1100万ドル凍結解除も」 米が日韓に
2007年02月12日06時04分
米国の事実上の金融制裁としてマカオの銀行で凍結された北朝鮮関連口座(総額約2400万ドル=約29億円)のうち1100万ドル分の解除は可能だとする考えを、米国政府が日韓などに伝えていたことがわかった。米国は北朝鮮にもこの方針を伝えたとみられるが、まだ実施されていない模様。6者協議で北朝鮮はエネルギー支援に加え、制裁の早期解除も強く求めているという。
複数の6者協議筋によると、米国首席代表のヒル国務次官補は1月のベルリン協議終了後、日韓両政府などに、1100万ドル分の北朝鮮口座に違法性がないことを確認したと伝えた。そのうえで、できるだけ早く調査結果をマカオ当局に伝え、処理を任せたい考えを示した。
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙、朝鮮新報(電子版)は11日、「ベルリン協議で米国は金融制裁を30日以内に解除することを担保した」と報道。北朝鮮は60日以内に寧辺(ヨンビョン)の原子炉の稼働を中止することなどを約束したが、その後の米朝金融協議では解除に向けた最終合意ができなかったため、6者協議で反発しているという。
北朝鮮首席代表を務める金桂寛(キム・ゲグァン)外務次官は今回の6者協議でも「米国が敵視政策を変更するかどうかが重要」と主張している。協議筋は「米国務省と財務省の間で意見調整がうまくいかなかった可能性がある。北朝鮮は米国が約束を破ったと考えているのではないか」とみている。


目先の脅威を逸らすことだけに汲々とし条約違反を重ねるナチスドイツに譲歩を繰り返した結果、欧州各国がどのような厄災に巻き込まる羽目に陥ったか。
あれからまだ100年も経っていないのにもう忘れてしまったのだろうか。あー今回は欧州は絡んで無いか(苦笑)
「核実験」のカードはもう切ってしまった。北朝鮮の手元にはもう「戦争」のカードしか残っていない。
【記事編集】 |  12:35 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
ハマり物
2007.02.12 (Mon)
近所のコンビニで104円で売っている干し柿に最近ハマり気味。人工甘味料の、あの後味の悪い不自然な甘さに辟易している身には、あの素朴そのものの甘さが殊更美味に感じられる。
今と違って甘いものが貴重品だった時代は干し柿の圧倒的な甘さは非日常そのものであったのかも知れないと思ったり。
【記事編集】 |  10:20 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
Osloの電話
2007.02.08 (Thu)
先月の北欧旅行最終日、OsloのホテルPerminalenに置き忘れてしまった電話。
その後先方が調べて連絡してきた「送料70ユーロ」を送金してから間もなく10日が経過するが未だ何の連絡も無し。
送り元の東京中央郵便局が言うには「7-10日」という事なのでそろそろ到着している頃だと思うが。しかし携帯電話一個に送料に11,000円以上というのは高すぎない?幾ら物価三倍の国とはいえ。
ともかく待つしかないわけで。

しかし電話がないならないでそんなに不便も…感じるな(笑)

【記事編集】 |  07:28 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
新職場
2007.02.07 (Wed)
1日からの勤務なのに既に前職より忙しいとはどういうことだ。

日々の糧を稼ぎ出すのは本当に大変だ。
【記事編集】 |  02:18 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。