2007年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
20070120 17h21
2007.03.21 (Wed)
『Tromso発Oslo行きのSAS便は選り取り見取りだ。いつの間にか雪も止んだ。これは明日のNordkappに期待出来るか?』
スポンサーサイト
【記事編集】 |  14:32 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070120 15h37
2007.03.21 (Wed)
『いや…Copemhagenでは雨に降られ、ここHonningsvagでは到着と時を同じくして勢いが強くなった吹雪に吹かれながら街歩きと写真撮影。我ながら運が悪いのかタフなのか。あっという間に雪まみれになるが見事な粉雪なので簡単に払える。思わずiPodからレミオロメンを選択。
流石にHonningsvagきっての高級ホテル(といっても全部で三件しかなく更に港を臨むホテルはクローズ。やる気ゼロ)、インターネット位は利用できるようだ。Receptionのおばさんも親切。
もし明日Nordkapp行きのバスがあるならばここに連泊となってもやむを得ない。間に合いそうも無かったらTromsoからは飛行機でOsloに戻ろう。高いが金には変えていられない。ここまで来てNordkappを諦める訳にはいかない。
Tromsoからは1日数便Osloに飛んでいるちうから大丈夫だろう。まずは空き状況の確認を。
それにしてもバゲットサンドイッチが50Nokとは…物価高も極まれり。』
小さな港。これでも午後2時半をまわったばかり
2007012014h36s.jpg


島の右下に現在いるHonningsvag,上に伸びる赤い線の上端が目的の北の果てNordkapp。これが遠い
2007012014h51b.jpg

【記事編集】 |  14:30 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070120 14h01
2007.03.21 (Wed)
『吹雪の中を雪だるまのようになりながらRIMOWAを抱えて歩き回った挙句2件しかないホテルの1件にたどり着いたら閉鎖していたり…やっとの事で一泊1800Nokもする値段だけは超高級ホテルRica Hotel Honningsvagの質素でだだっ広いツインルームに腰を落ち着けた。
予想外が四つ。
まずツーリストインフォメーションが土日休みである事。休むなよ週末に。
そして表に張られていた時刻表を確認するとHonningsvagからTromso行きのバスはなく、一番遠くまで行のでAlta行きしか無い事。
Nordkappから戻るバスのHonningsvag着時間(14h50)とAlta行きのバス発時間(15h10)まで20分しか無い事。
最後に悪天候の為Nordkapp行きのバスは今日は運休しており、明日もそうなる可能性が高い事。

最後の一つはReceptionのおかっぱ黒髪眼鏡のおばさnから聞いたことだが彼女も詳しくは分からないので確認し次第教えてくれるとの事だ。

それを除いても、二つ目と三つ目はスケジュールの遅れに直結するゆゆしき事態。Nordkapp行きのバスがツーリストインフォメーション脇である場合、20分で町外れの長距離バスステーションにたどり着くのは不可能に近い*。仮に長距離バスステーションから発着となった場合でも少し遅れただけでAlta行きバスの乗り遅れに繋がる。

最も安全なのはNordkapp行きが運休になるかNordkapp行きを諦める事だが、それではこの地の果てあではるばるやって来た意味が無い。
ここに22日まで二泊して25日までにOsloに辿り着けるか…微妙だ。
外は真っ暗だが時刻はまだ14h15に過ぎない。』

*後ほど、長距離バスもNordkapp行きバスと同じくツーリストインフォ脇から発車する事が判明。
【記事編集】 |  14:26 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070120 12h29
2007.03.21 (Wed)
『極夜の昼は…思った通り、いや思った以上に明るい。日没後のようなトワイライト。
今のところOslo程寒くはない。雪が多い所為か?内陸部のOsloに比べ暖かいメキシコ湾流に面した街だからだろう。』
【記事編集】 |  13:50 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070120 12h08
2007.03.21 (Wed)
『Hammerfest経由Honningsvag行きの便は当地の悪天候の為Honningsvag直行便となった。定員50名程のプロペラ機。
意外な事に21カ国目にして初のプロペラ機搭乗。Tromsoの搭乗ゲートは降り口からつながっておらず、一旦出口から出て大回りし改めて手荷物チェックを受けなければならない。またこんな時に限って自分の前にチェックを受けた婆さんがもたもたしている。小さな空港とはいえ、搭乗した時には離陸時間まで10分を切っていた。』
駆け寄りながらの一枚
2007012010h07s.jpg



『雪に閉ざされた北極海に突っ込むかと思ったプロペラ機はその目の前にある空港に着陸。
真っ白いんですが。
2007012011h53s.jpg

ログハウスのようなささやかな空港ビルには当然滑走路から歩いて入る。
スキー場内のレストランではありません
2007012011h49s.jpg

wideroe機から荷物が降ろされるのを見ながら呼んで貰ったタクシーの到着を待つ。なかなか来ない。明らかに旅行者である風体の人間が一人残っているのを前の客を乗せて去る際にタクシーの運転手は目にしている筈だが、戻ってきてそれを拾ってもう一商売という発想はないらしい。
これまで訪れた国の多くで執拗な白タクやホテル、ペンションの客引きに辟易してきた身にとってはScandinaviaの人々の商売っ気の無さは拍子抜けする程。』


【記事編集】 |  13:24 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070120 09h37
2007.03.18 (Sun)
『オレンジ色の朝日はそのまま赤みを増し、昇らないままの太陽が再び地平線に沈もうとしている。
間もなくTromso、北極圏の極夜の街だ。』
2007012009h38as.jpg

【記事編集】 |  12:15 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070120 08h53
2007.03.18 (Sun)
『漸く太陽が顔を見せ、オレンジ色の光に満たされる。
太陽を中心に戴く巨大なオレンジの指輪が地平線に横たわっているようだ。』2007012008h58bs.jpg

【記事編集】 |  02:36 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070120 08h23
2007.03.18 (Sun)
『離陸する飛行機内から見える夜明け前の東の地平線はそれは美しいものだった。
黒に違い深い紫色の帳の東の端がネオンのように光る赤紫のラインで縁取られ…』
2007012008h58as.jpg

【記事編集】 |  02:34 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070220 06h56
2007.03.17 (Sat)
『セットしたアラームが鳴るより早く、"Room Service!"とドアを叩く音で目が醒める。隣の部屋のドアが友人に叩かれているようだ。時計を見ると04h30、まあ丁度いいかとそのまま身支度をする。
TVをつけたらバイオハザードを放映していた。ノルウェー語吹き替えのミラ・ジョヴォビッチを見る機会が来るとは夢にも思わなかったが。
隣はから絶えず何か女が泣く声と宥めるような男の声が聞こえてくる。どこに行っても人の営みは変わらないものだ。
2007012006h00s.jpg

160Nokのバカ高い空港行きエクスプレスに乗り20分でOslo空港に着く。比較的小規模だがアーチ状の木を貼られた梁が印象的な、北欧デザインがシックな空港だ。
2007012006h51s.jpg
2007012006h47s.jpg
2007012006h53s.jpg

欧州を訪れる都度実感するのが成田空港の味気なさ。こちらがデザイナー家具とするならあちらはまるで量産品のスチールロッカー。
見事なデザインはやはりカメラに収めずにはいられない。
2007012007h33s.jpg

Copenhagenでの予約したeチケットは有効だった!無事Tromso乗り換えHonningsvag行きのチケットが発券される。心配だった短時間での預け荷物の積み替えも問題ないとのこと。国内線では定番の路線なのかもしれない。16番ゲートから搭乗、2時間でTromso、乗り換えて11h38にはHonningsvag着だ。
2007012007h29s.jpg



【記事編集】 |  23:52 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070119 23h08
2007.03.17 (Sat)
『OsloはCopemhagenとはがらりと違い氷と雪に閉ざされた街だった。
2007011919h25bs.jpg
2007011919h47s.jpg

王宮は正に氷の宮殿といった趣で
2007011919h45s.jpg

いい写真が沢山撮れたが素手で三脚のセッティングを繰り返していたら容易に手先の感覚がなくなる。危うく凍傷にかかるところだった。
明日は正念場、まずは08h00のフライト時間よりかなり早めに空港に行って確認しなければ。明日は5時起床なのでこの辺で床に就く。』

やっぱりスケートリンク。当然無料
2007011919h08s.jpg

ここにもハードロックカフェ!
2007011919h14s.jpg


【記事編集】 |  23:42 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
マークパンサーがしばらく見ないうちに
2007.03.13 (Tue)
大変な事になっている件。


違うよ、全然違うよ



ダメだ笑い死ぬ

【記事編集】 |  02:00 |  comment  | トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑
隠すから盗まれただの何だの大騒ぎする。だから
2007.03.13 (Tue)
発想を転換して、個人情報はもう国民みんなで共有しちゃえば?

ていいたくなるほどの、恐らく人類史上最大規模の個人情報流出事件が。
863万人てあーた

863万件の個人情報流出 大日本印刷、委託43社分
大日本印刷は12日、ダイレクトメールなどの印刷物作成の委託を受けている企業計43社の顧客の個人情報計863万7405件が流出したと発表した。被害を受けた企業はイオンやトヨタ自動車、UFJニコス、アメリカンホーム保険など。漏れた情報内容は企業によって違うが、氏名や住所のほか、カード会社ではカードの番号が流出していた事例もあった。
大日本印刷によると、今回流出が発覚した情報に関しては、現時点では不正使用などの発生は確認されていないとしている。ただ被害に遭った企業は、今後調査内容を踏まえて大日本印刷に損害賠償も検討する。
大日本印刷は2月20日に、元派遣社員が大手信販会社、ジャックスの会員約15万人分の個人情報を持ち出し、詐欺グループに売り渡していたと発表。その際に49人分のデータが詐欺グループに不正使用されていた。その後の調査でジャックス以外の企業についても大量の情報流出が確認されたという。


先日発表されたJACCSカードの個人情報流出事件で、株式会社JACCSは15万人の被害者宛の詫び状に500円のQUOカードを同封した。

郵券代80円+封筒代5円(仮定)+詫び状紙代1円(仮定)+封入代2円(仮定)+QUOカード500円
の、15万人分…でしめて8800万円あまりが軽く吹っ飛んだ公算。

仮に今回の被害者全てにこれと同等の「お詫び」をして費用を全てDNPが持ったとすると…51億円近くか。どれだけ金かければ気が済むんだよという(笑)。

まあ全額DNP持ちというのはないにしても、これに近い額が今回被害にあった企業全てから費やされ、さらに顧客フォローにかかる何万人もの営業マンの人件費だの電話代だのお詫び広告代だのを考えると…今回の後始末だけでもこの国で100億円規模の費用が費やされる訳だ。

何も生みださない、ただひたすら後ろ向きな仕事にこの経費と何ヶ月という時間、何万人の労力。
あー勿体無い。考えただけでどっと疲れる。

DNPにとって最悪のシナリオは今回の件で大口のお得意先から続々と契約を切られる事だろう。NTTの料金案内を一手に請け負っているのを初め、100万単位で業務委託を請け負っている大口クライアントなぞゴロゴロいる。
業績ガタガタ株価暴落で株主代表訴訟は不可避だろう。これもまた疲れる…

【記事編集】 |  00:40 |  comment  | トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑
20070119 15h45
2007.03.04 (Sun)
『翼を翻した鴎の腹を照らしながら陽が西の彼方に沈んでいった。

間もなくOslo、湖や池の表面が凍っている。
冬のScandinavia半島、ここが表玄関』
【記事編集】 |  04:31 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070119 14h40
2007.03.04 (Sun)
『車窓から眺める森に霜が白く降りている。快晴でも霜が解けない気温なのだろう。
昇りきってなお低い陽が早くも再び地平線に向かいつつあるような…』
【記事編集】 |  04:30 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070119 14h25
2007.03.04 (Sun)
『Osloに近づくにつれ鋸のように鋭いフィヨルドの片鱗が目の前に次々に展開される。
水面は池のように静かだ。』
【記事編集】 |  04:29 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070119 12h45
2007.03.04 (Sun)
2007011912h29s.jpg

『GoteborgからOslo行き列車が時間丁度に発車。極めて順調。

これは新幹線のような外観を持ち自分の乗った一両目は板張りで柔らかい白熱灯色の光で満たされいかにも高級な雰囲気。リクライニングの四座対面座席で真ん中に木製のしっかりしたテーブルがある。一等車なのだろうか。或いは全ての車両がこうなのか。新幹線で言えばグリーン車よりも豪華な雰囲気。
2007011916h48s.jpg

発車してすぐの検札で車掌が黄銅で何も彫られていないつるつるのコインをくれた。コーヒーマシンに使えるという。面白いがいよいよこれはやはり一等車なのだろうかという思いを強くする。向かいには新聞を読みふける愛想のない爺さんが一人。真向かいから自主的に通路側席に移動してくれたので助かる。

Osloまで400km弱。地図で見る限りは間に街らしい街もないように見える。』

【記事編集】 |  04:27 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070119 11h50
2007.03.04 (Sun)
『北欧入りして初めての快晴のなか列車は北上し間もなくGoteborgに入る。
晴れ空の下で気がついたが、時間からして陽は昇りきっているはずだが影が長い。黄道の軌道が低いのだ。』
200011813h56s.jpg

【記事編集】 |  04:22 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
Copenhagen, Rosenborg Have
2007.03.04 (Sun)
Copenhagenは午後からしとしとと雨が降り続け、辛抱堪らなくなって折り畳み傘を買ったら途端に雨上がるというベタな展開に。

駅を抜けて北に進むとローゼンボー公園Rosenborg Have。首都の街中にこんな静かな落ち着いた公園が何箇所もある
2007011811h52s.jpg

隣にローゼンボー離宮

2007011811h53s.jpg

冬枯れの並木道。平日の午前だけあって人もまばら

2007011812h01s.jpg

あちこちに赤い実が成っている。近づくとさくらんぼ
ローゼンボーでさくらんぼー

2007011812h20bs.jpg

途中見かけたコペンハーゲン一カッコいいマンション。レンガの外装が粋。
うーん住んでみたい


翌朝早々にCopenhagenを発ち、スウェーデンのヨーテボリGoteborg経由でOsloへ。
【記事編集】 |  04:08 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
心に刺さったやり取り
2007.03.03 (Sat)
34 記入なし (07/02/21 22:59) [sage] KB.slE/Loo P


死ぬ気になれば何でもできる。




43 記入なし (07/02/22 05:38)  sK5SMSaahc P
>>34
本当に死ぬ気になった人間にできるのは、死ぬことだけだよ。



【記事編集】 |  22:36 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
4年半か。
2007.03.03 (Sat)
しかし芸能人の結婚生活て続かないもんだねえ
彼女はそういう普通の芸能人カップルとは違うパタンを歩むかと思っていたのでまあ、残念ですが。

それでもまだ24歳かよ。一体どんだけ濃い人生送ってるのかと(笑)
【記事編集】 |  13:25 |  comment  | トラックバック(3) | コメント(0) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。