2007年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
どうでもいいが違和感が一つ
2007.04.20 (Fri)
こんなキチガイの最後っ屁を全文掲載など限りあるFC2サーバの記憶領域の無駄遣いに他ならないので、肝心のところだけ抜粋。

(前略)お前の高級車も、金のネックレスも、投資ファンドもたくさんだ。ウオツカもコニャックも、お前たちのぜいたくざんまいも、たくさんだ。お前たちはすべてを持っている。時が満ちた時、私はやった。やらざるをえなかった。(後略)



コニャックはともかく、ウォッカ。

安いよな。

安酒の部類じゃないすか。

安酒でいったら不動のリードオフマンのビール選手に続く二番て感じじゃないすか。バントバント送りバント。


贅沢を責める材料としては明らかに不適切なような。

酒知ってる人間ならここでウォッカはないよなあ。ウォッカは。


うーんちょっと恥ずかしい。
ハズしちゃったかね。最後で。最後までかっこ悪かったねこの童貞君は。



結論:チョ容疑者は下戸
スポンサーサイト
【記事編集】 |  02:10 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
こんな時ですら
2007.04.19 (Thu)
日本人を悪者に仕立てるのには余念がないようで(笑)
つか、今こそ我々日本人に同胞の犯したあまりに重い罪を償う姿勢を見せて欲しいんだけど。模範的なのを。

「我々がやったんじゃないから、個別的な事案だから関係ない」て態度を決め込むのは別に悪かない。
だがそういう連中に日本の過去がどうの謝罪がどうの反省がどうの、孫の世代に至るまで執拗にあげつらう資格はあるわけ?

【記事編集】 |  00:07 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
旅ブログは
2007.04.18 (Wed)
忙しくて暫く中断してますがまだ続きますぜ。記録は帰国直前の1月27日まで残ってるし
全てアップし終わるまで他のエントリは控えようと思っていたのだが今回の事件は色んな意味で書かずにはいられないという感じで。

【記事編集】 |  06:54 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
人はそれを
2007.04.18 (Wed)
屁理屈と言いますな。

国民投票法案:与党対応改めて批判 民主・小沢代表
民主党の小沢一郎代表は16日、宇都宮市で記者会見し、憲法改正手続きを定める国民投票法案について「(憲法施行後)60年間放っておいて、今国会で何が何でもやらなくてはならないというのは筋道が通らない」と今国会成立を目指す与党の対応を改めて批判。同日審議入りした参院では十分な審議時間を確保すべきだとの考えを示した。
毎日新聞 2007年4月16日 19時50分


筋道が通らないのはどっちだと(笑)

これぞ反対の為の反対。批判の為の批判。
まあ代表就任時は戦々恐々としていた自民党も胸を撫で下ろしたことでしょう。もうすっかり見も心も万年野党のそれになってしまった民主党に最早政権担当能力はありません。

本当全然ダメだったねこの人。お気の毒。
【記事編集】 |  06:51 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070121 11h35
2007.04.01 (Sun)
『Nordkapp行きバスは出る!
ホテルの前から出るらしい。Alta行きバス停を確認にツーリストインフォメーションに行ってみたら中に若い女性が一人。早速聞いてみたら、Nordkappから戻ってすぐにほぼ同時刻に発つAlta行きバスに駆け込むという私の分刻みのスケジュールはRICAホテルのおばさんから既に彼女にも伝わっていていた。しかし今日運行されるかどうかまだ分からないと。RICAのロビー待っていると果たせるかな、ここでバスが到着、乗り込むが685Nokと高い!何故だ。

Honningsvagからの乗客は自分一人。バスは出発してすぐ先程のツーリストインフォメーションの女性が乗り込んで来る。そのまま港の沿岸急行船の前にで暫く停車、どうやら船からの乗客を待っているようだ…
ドヤドヤと乗り込んで来たのはドイツ人の団体客を中心とした一団。ツーリストインフォメーションの女性がそのまま添乗員兼ガイドをドイツ語と英語で務める。

ここで判明したが、どうやら自分は沿岸急行船の乗客向けエクスカーションツアーに押し込まれたようだ。これはNordkapHall入場券込みガイド込み。にしても高い。
彼女はよく聞き取れないノルウェーの名前で自己紹介し、サーメの言葉でwaterfallという意味だと説明した。サーメ人の末裔か、見た目はあくまでも普通の北欧美人だが。しかし英語を母国語とするのだろうか、沿岸急行船の乗客を待つ間に運転手と交わしていた雑談は全て英語だったが。』
諾英独トライリンガルの滝さん。最果ての地に似つかわしく無い美人の才媛です
2007012111h54.jpg

【記事編集】 |  03:02 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070121 09h56
2007.04.01 (Sun)
『一夜明けて。
Nordkapp行きバスの有無情報は10hを回らないと入らないという。
Receptionの昨日とは違うおばさんに「朝食はこっち。一皿ね」とホテル併設のレストランの奥の席に案内される。一皿?と思いながら中に入ると、予め一人分のハムだのサラミだの野菜だの果物だのが一枚の大皿に取り分けられていた。親切だか不親切だか。
むっつりとまずそうにサラダをつついている老人の先客が一人、残る皿が二枚なので宿泊客は三名しかいないらしい。営業していないホテルも出る訳だ。
朝方は雲が晴れつつあるように見えたがまた粉雪が降り始め…これは無理かなNordkapp』
【記事編集】 |  02:58 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070121 06h50
2007.04.01 (Sun)
『9時間は寝ただろうか。実際このような辺境の小さな街では街歩きもすぐに終わってしまいやる事がなくなる。
外は雪もなく静かだ。しかし雲がまだ厚い。オーロラは望むべくもない。』
真冬の夜のHonningsvag この町には街路樹というものがない。
2007012019h32s.jpg
【記事編集】 |  02:57 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
20070120 20h55
2007.04.01 (Sun)
『インターネットは素晴らしい(笑)
スウェーデン国鉄サイトで時刻表を精査した結果、NarvikからStockholmへは夜行以外に選択の余地はないが、StockholmからOsloへは夜行便が存在する事が分かった。つまり最悪でAltaを24日の早朝出発すれば25日の昼にはStockhokmに到着できる。安心した。
安心したら眠くなってきた。シャワーも洗濯も食事も済ませたので早めに就寝する。』
小さな教会。傍らには雪に埋もれた墓地。この小さな町の人はいつかはこの北の果ての墓地に葬られることになるのだろうか
2007012019h22s.jpg


【記事編集】 |  02:55 |  traveling  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。