2007年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
社会行動学の実験
2007.08.27 (Mon)
座席指定なしのネカフェで偽プロフィールでアカウント作成およびmixiエントリ、書き込みを行う。
犯罪行為を日記にアップする。
その後時系列で発生した現象を詳細に記録し、事前に行った予想(シミュレーション)と綿密な比較検討を行う。

これで社会行動学の論文が軽く一本書ける。本が一冊書けるかもしれない。電車男と同じで早い者勝ち。


なんてコレを見ながら思ったり。

しかし…2ちゃんねらである彼が何故こんな無防備な自殺行為を。
解せない。(笑)
スポンサーサイト
【記事編集】 |  07:32 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
ヒーロー志願
2007.08.27 (Mon)
「ヒーロー志願」という漫画が昔ヤングサンデーに連載されていた。著者は北崎拓。
80年代のヤングサンデーは隔週刊だった。このヒーロー志願といい原秀則の「冬物語」といい、隔週の頃のヤングサンデーの連載には青春の影の部分というか、挫折し苦悩する若者の姿を映し出したものが多かったような気がする。
短い連載だった。

ストーリーは特撮ヒーローになるのが夢のスタントマンの若者と女優が夢のアイドルの卵、二人の主人公を軸に進んでいく。
同じような夢を抱え上京した二人は希望と厳しい現実の前に幾度となく打ちのめされるうちに惹かれるように出会い、ほどなく恋に落ちる。ともに二十代に入り新人アイドルとして売り出すには決して若くない二人に残された時間はあまりない。
やがて男は出世の糸口を掴む。女は最後の望みを託したオーディションの最終審査にまで残るがあえなく落選する(これは既に大人の事情で優勝者が決まっている出来レースだったのだが)。
男にはくっきり見える将来が女には全く見えない。並んで同じ地平を見ていたはずの二人の距離は広がるばかり、傷つけあう事に耐えられなくなった二人は程なくして別れる。
男の去った部屋で女は独りカメラを据え、何枚もセルフポートレートを撮影する。
最初はオーディションで作り慣れた笑顔。しかし枚数が進むごとにだんだん顔が歪み、最後の一枚はこらえきれない涙が溢れ出した顔で。

東京を舞台に無数に繰り返されているであろう青春の蹉跌を切り出した本作には全編を通して静かで寒々とした雰囲気が漂い、そう人気が出たわけでもなく比較的短い連載だった(全二巻)。勿論とっくに絶版になっていて今では漫画喫茶ですら滅多に目にする事はない。
しかし週刊連載で一度読んだだけなのにストーリーやラストシーンをありありと思い出す事が出来るのは、自分にとって本作はそれなりに印象深いものがあったのだろう。
連載はバブル前夜の静けさ漂う80年代末。PC持ってる人など一般人では皆無、インターネットも出現していなければ携帯電話なんか誰も使ってない。ましてブログなど概念すら登場していない。「ヒーロー志願」の連載されていた80年代末から20年も経っていないが隔世の感がある。

白鳥百合子のブログを始めて目にした時の感想はまず凄い名前だなという事と(笑)、次に想起したのは正しくこの「ヒーロー志願」だった。女優の夢を抱いて上京、なかなか芽が出ない日々、苦しい生活、そしてタイムリミットまであとわずか…特撮ヒーロー志願の彼氏がいるかどうかは知らんが、正にそのまんま。
ま漫画と違って彼女の方は最後と決めたオーディション(確かに年齢的には土俵際)で見事グランプリを勝ち取り、成功への階段を昇りつつある訳ですが。

(しかしどマイナーの頃から彼女を見守ってきたファンには随分捩れた愛情をお持ちの方がいるらしく、彼女がメジャーになり始めた途端にアンチに転じた元ファンの荒らし行為でブログのコメント欄は荒野と化し、生真面目な彼女は随分傷ついてしまったらしい。現実はいつも残酷で苦い後味を残すもの。)
【記事編集】 |  00:46 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
アクセス解析を見てみる
2007.08.21 (Tue)
面白いなこれw

えーと多いのがyahoo!のサーチ結果から飛んでくる人。
一番多かったのがこないだの地震で不謹慎発言した川合俊一についてのエントリ。
結構顰蹙買ったのねやはり。

次に多かったのがTLC元社長の川口昌人被告(だか受刑囚だか、何せあれだけ巨額の詐欺事件なのにマスコミがその後さっぱり報道しないもんだから全然近況分からんさ)についてのエントリ。
企業対企業の犯罪であるせいもあってか、あんまりブログで書いてる人がいないようで、検索すると数件しか出てこない内の一つがこのブログと。(あ、このエントリもまた検索で引っかかったりして)
まあ自分の知人で手錠に腰紐姿でTVに登場したのは彼くらいのもんだから。そりゃ思わずブログも更新するってもんで。
ま、ちゃんと更正して出てきてください。二度と関わりたくないけどw

あとなんか知らないけど宇多田ヒカル関係のサーチ結果から飛んできてるのも割とある。確かに何回か書いてるけど。はいはっきり言って彼女滅茶苦茶タイプですけど何か。
離婚についてのエントリは敢えて軽く流したが、元夫の「最後までお互いに甘えることが出来なかった」というコメントが本当に切なかった。
最愛の人と結ばれても埋められず癒されず、ついに別離を選ばざるを得ないほど暗く深い彼女の孤独はいかほどのものか。
愛し合うほど苦悩し葛藤と向き合わざるを得ない関係とは何か。
彼女はこれまでどれだけ血の涙を流してきたのか。
考えるだけでこちらの気が滅入ってくる。正直言って浮気だのDVだのなんだので騒々しく離婚してくれた方が余程良かった。
何にせよ好きだけど別れるってのは最悪ですね。

やっぱりアーティスト同士というのは難しいね。彼女は再婚するなら次は野球小僧がそのまま大きくなったようなプロ野球選手とか北海道から中卒で出てきてそのままこの道一筋の相撲取りとか、そういうよくも悪くもスカッと単純で分かりやすい男がいんじゃないかね。何となくだけど。

続きます
【記事編集】 |  01:49 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
田舎者の成金が国盗りゲームのノリで
2007.08.21 (Tue)
こんな事を言い出すのはそうおかしくない。つか想定内

中国、太平洋の東西分割提案か 米軍は拒否

17日付の米紙ワシントン・タイムズは、キーティング米太平洋軍司令官が最近訪中して中国軍事当局者と会談した際、中国側が、太平洋を東西に分割し東側を米国、西側を中国が管理することを提案したと報じた。米側は拒否したという。提案の詳細には触れていない。
米太平洋空軍のへスター司令官は「空間を誰にも譲らないのが、われわれの方針だ」と記者団に述べ、西太平洋地域を米軍の影響下に置く必要性を強調した。
米政府内の親中派の間では提案に前向きな受け止めもあったが、国防当局は西太平洋の覇権を中国に譲り渡す「大きな過ち」だと主張。日本などアジアの同盟国との関係を台無しにしかねないとして断ったという。(共同)(2007/08/20 01:05)



問題は。

米政府内の親中派の間では提案に前向きな受け止めもあったが、



は。

目先の金欲しさに人権抑圧国家に同盟国を売り渡すも同然のオファーに

前向き




バカ丸出し。

いやーどこの国でもいるもんですね拝金主義者って。


理念なき力はただの暴力。そこまで堕ちたか合衆国。
【記事編集】 |  01:13 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
それはともかく気になるのは
2007.08.21 (Tue)
高砂親方の私服

何で警備員かと。それともアメリカンポリスか。水野晴郎か
takasago.jpg




解離性人格障害?そんなんどうでもいいわw
【記事編集】 |  00:43 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
LyricWiki
2007.08.19 (Sun)
予期せぬ愛に自由奪われたいね Oh一目で分かったの 冷たい言葉と暖かいキスあげるよ This is love This is love…
…あれ続きは何だっけか?

と何となく気になって調べてみたらこんな便利なWikiがありました。LyricWiki.org
著作権的に微妙な気もするが、This is loveもしっかり登録されていた。各国語対応

日本語詞とローマ字詞が併記されていたのだが、感心したのはローマ字訳は外国人がわざわざ行っているらしい事。海外の宇多田ファンだね。
何で分かったかというと、ネイティブの日本語話者ならまず犯さない類の読み取り間違いが多数見られたので。

一目で分かったの→ichime de wakatta no
とまどう人→tomadou bito
鳴り止まない→naritomanai
滅びる→genbiru

などなど。おせっかいにも修正したわたくし


Authorを調べる。"TEKUNOMUNK"
プロフィールを見る。

"オクラホマ州立大学で電気工学を専攻"
"JPop大好き""日本語大好き"

あーやっぱりね。この几帳面さは確かに理系ぽい

ともかく、君の宇多田への愛着は十分伝わりました。ありがとう。次は是非翻訳にチャレンジしてみてくれ。楽しみにしているよ
【記事編集】 |  08:25 |  murmur  | トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑
夏のうんざりする風物詩
2007.08.18 (Sat)
それは夜の蝉。

本日の最高気温は28℃
久々に過ごしやすい。外に出られる
気温が体温と同じとかそれ以上とか、どう考えても外を歩ける状況じゃないからな。上から下から熱で煽られて電子レンジ状態、そりゃ熱中症にもなるわ
【記事編集】 |  12:55 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
帰りの駅前で何だか騒がしい
2007.08.13 (Mon)
なんだなんだ。
ふらふらーと近づいていったらのど自慢大会とな。
img421.jpg

なんか座り込んで見ている人沢山いるし。出場者のコメントを聞くに毎年恒例のイベントらしい。

これ…面白いの?

【記事編集】 |  01:53 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
汗かけば治る
2007.08.09 (Thu)
流行りそうな予感。



謹慎意味ない、汗かけば治る…理事から疑問の声も

朝青龍の治療帰国に関して、理事の間からは疑問の声が続出している。秀ノ山理事(元関脇・長谷川)は「なぜ日本で治療できないのか? 何かモンゴルにこだわっているような感じがする」と、まずは国内治療を優先させるべきとの見解を示した。その上で理事会が開かれた場合は「私は(帰国には)反対します。謹慎処分が出ているのに、ここで認めては他の力士に示しがつきません」と断言した。
一貫して帰国に反対している大島巡業部長(元大関・旭国)は7日、夏巡業の北海道・福島町で「帰ったら謹慎の意味がない」と改めて反対を明言。急性ストレス障害など心の病の診断書が公になっているが「ストレスなら汗をかけば治る」とピシャリ。5月に交通事故を起こした弟子の旭天鵬が、朝青龍の4か月よりも短いとはいえ1か月の謹慎を受け入れただけに、処分が出てからわずか1週間での心の病に疑問の目を向けた。
一部の理事からは「診断書が出るなら、それに従わざるを得ない」との声も上がっているが、多数は帰国反対。理事会が開かれても朝青龍には厳しい現実が突きつけられることになりそうだ。
最終更新:8月8日15時20分




「なあに、かえって免疫力がつく」に続く名コピーじゃあるまいか。
なかなか
【記事編集】 |  06:51 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。