2009年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
当たり前田の
2009.05.23 (Sat)
ていう話なんですが

予防目的でマスク需要が殺到して各所で売り切れとか、
オークションで何倍ものプレミア価格で取引されているとか、

もうね、馬鹿かと。アホかと。

インフルエンザはインフルエンザウィルスで感染します。細菌ではありません。
ウィルスは電子顕微鏡でなければ確認できないほど小さく、少なくとも着用したままで呼吸ができる程度の通気性のあるマスクなど何の障害物にもなりません。あっさり通過します。
あんな紙切れや布切れでウィルスの侵入を防ごうとするのは、フェンスの網でメダカが掬おうとするのと同じ位間抜けな考えです。


他人のくしゃみなんかによる飛まつ感染は防げるでしょ?
はいその効果はあります。確かにマスクをしていれば他人の唾液を直接粘膜に接触させるリスクは軽減します。
ただそういう人は、くしゃみで飛び散った唾液がいつまでもいつまでもその辺にふわふわ漂っているとでも思っているのでしょうか。月面世界の住人ですか
くしゃみで放たれたウィルスが花粉や埃に付着して空気中を舞うと?確かにその可能性はあるでしょう。ゼロではないわな。5月も終わりで湿気も高まるこの時期に何の花粉が大量に舞っているのか寡聞にして知りませんが。(笑)

ただね。そんなあるかないかの可能性を恐れてマスクに走るより、
ドアの取っ手。電車のつり革。券売機。両替機。電話の受話器。携帯電話。PCのキーボード。
そういう所に付着したウィルスが自分の手を介して経口感染する、こちらの方が何百倍も現実的な心配だし対策する価値がある。そんなの小学生でもわかるでしょ。
完全にゼロとは言わないよ。ただしその効果はヘルメットなしでバイクに乗るか、水泳帽を被ってバイクに乗るか程度の違いでしかない。

そんなおまじない程度の気休め措置より外出したらすぐに手を洗ってうがいをする、食事前には特にそう。この方が遥かに現実的だし予防には1万倍も役に立つ事は間違いない。

インフルエンザ予防の為にマスクをつけている人間の果たして何割が食事の前に手を洗うのか。
平日昼間は外食が多いので、ここ何日か見るとはなしに見てみたが、食事が出される前に手を洗いに席を立つ人間など50人に1人もいやしない(笑)
それでいてマスクだけつけて衛生的なつもりなのだから全く笑ってしまう。いや本当。


「屋外でのマスク着用は不要」=他人への感染防止が目的-厚労省
新型インフルエンザの感染拡大で品切れ状態になっているマスクについて、厚生労働省新型インフルエンザ対策推進室の難波吉雄室長が21日、記者会見し、本来の使用目的は予防ではなく、他人にうつさないことだとした上で、「人込みの少ない屋外などで着用する必要はない」と述べた。
 難波室長は「マスクは感染者のウイルス飛散を防ぐためのもの。せきが出るようだったら使用してほしい」と強調。予防目的の購入に注意を促した。(2009/05/21-21:33)


スポンサーサイト
【記事編集】 |  13:16 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
最後の最後まで
2009.05.23 (Sat)
トホホなお方であった。

盧武鉉時代に韓国が負った政治経済外交でのダメージは相当なもので、あの国は今後長くその負の遺産に苦しめられる事になるだろう。
国民を奈落の底に叩き落して自分は裏金で私腹を肥やし、罪を償いと懺悔の代わりに永遠の逃亡を選んだのであれば何ら同情すべき点はない。笑わせてくれる

盧武鉉・韓国前大統領、自宅裏山で転落死…飛び降り自殺か
【ソウル=浅野好春】韓国慶尚南道(キョンサンナムド)金海(キムヘ)市郊外の烽下(ポンハ)村で23日午前6時40分ごろ、自宅の裏山を登山中の盧武鉉(ノムヒョン)前大統領(62)が転落し、病院に運ばれたが、間もなく死亡した。
大統領時代の側近は、「岩壁から飛び降りたと見られる」と述べ、自殺した可能性が高い。
盧前大統領は、大統領在任中に有力後援者から不正資金を受け取った疑いで最高検察庁の事情聴取を受け、最高検は5月中にも逮捕か在宅起訴かを決める方針だったが、盧氏の急死で疑惑の解明は困難となった。
聯合ニュースなどによると、盧前大統領はこの日早朝から、秘書官と一緒に登山をしていた。転落の詳しい状況は不明だが、頭部を強打し、大きな傷を負ったという。午前7時5分ごろには金海市内の病院にいったん運ばれて応急手当てを受けた後、近隣の梁山(ヤンサン)市内にある釜山(プサン)大病院に移送されたが、同9時30分ごろ、死亡が確認された。
地元警察当局が、どのように転落したのかなど、秘書官や関係者らから事情を聞いているが、盧前大統領は不正資金授受疑惑の渦中に置かれていたため、これを苦にして自殺した可能性があるとみている。聯合ニュースによると、遺書が残っていたとの情報もある。
最高検は昨年12月、盧前大統領の有力後援者や実兄を逮捕、夫人や家族らが金品を受け取った疑惑を捜査していた。4月30日には、夫人らに渡った600万ドルが前大統領へのワイロだったと見て、10時間近くにわたり本人から聴取した。盧氏は家族らが金を受け取ったことは認めたが、「在任中は受け取りの事実を知らなかった」と述べるとともに、有力後援者への便宜供与や資金要求を否定し、収賄には当たらないと主張したとみられている。
最高検では聴取後、盧氏の身柄を拘束するか、在宅起訴とするかの検討作業を慎重に進めてきたが、大統領経験者として業績を「礼遇」すべきだとの声も強く、最終的には在宅起訴にとどめるのではないかとの観測が広がっていた。
(2009年5月23日11時44分 読売新聞)



【記事編集】 |  12:17 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
人生最大の金を使うイベント
2009.05.08 (Fri)
で忙しい昨今、それについての別ブログを立ち上げる。
別に分けた理由は二つ。一つはそのイベントにフォーカスした専門ブログとする為、もう一つは関係者とのコミュニケーションツールとしても使用するので初めから本人バレを前提としている事。
まさかこのとっ散らかったクロッキーブックのようなブログにそのまま書き付けてハイこれ見て下さいねというわけにも行くまい。大事な講義なら落書き帳でなくちゃんと専用のノートを誂えるのが常というもの。

さてそのブログとのリンクをここに張るか張るまいかが逡巡のしどころ。もう一方の専門ブログでは意図的にかなり踏み込んだところまで個人情報を開示しているので、関係者ならずとも見る人が見れば何となく人物の心当たりがつかないとも限らない。余りお行儀が宜しくないこのブログ、今のところは万一炎上の憂き目にあっても実生活でダメージを受ける心配は皆無だが、あちら側に飛び火すれば話は別となる。
取り越し苦労であればいいのだが尚暫く考慮を要す
【記事編集】 |  00:53 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。