2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
ホームなのに勝利の判定結果に静まり返る会場は始めて見た
2006.08.02 (Wed)
だめだよこういう判定してちゃ。

亀田興毅、判定で世界ライトフライ級王座獲得 (読売新聞)
 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦12回戦(2日・横浜アリーナ)――同級2位の亀田興毅(19)(協栄)が同級1位のファン・ランダエタ(27)(ベネズエラ)を2―1の判定で下し、世界初挑戦で王座を獲得した。

 亀田は19歳8か月の若さで世界王座奪取に成功、井岡弘樹(18歳9か月)、ファイティング原田(19歳6か月)に続き、日本ボクシング史上3番目の若さで3人目の10代チャンピオンとなった。

 日本ジム所属の世界王者は、過去最多タイの6人。


 ◆“本物のプロ”の洗礼、試合内容は完敗◆

 信じられない判定だった。亀田が新王者となったが、試合内容は完敗だった。


[ 2006年8月2日22時00分 ]


負けて得る財産だってある
彼はまだ若い。人気は申し分ないし必ずチャンスがあったはずだ。
一敗地に塗れ、メッキが剥がれてからが彼の本当の戦い。どん底から這い上がる過程でボクサーとしても人間的にもより強く一回り大きく成長できる筈だった。

亀田に罪はないが、これは全く彼の為にならない。所詮は何億何十億という巨額マネーが動くプロジェクトに乗せられたピエロに過ぎないと露呈した彼が可哀想だった。




スポンサーサイト
【記事編集】 |  23:09 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑
コメント
同感。どこから見て勝ったといえるのだろうか?日本はお金持ちの国なんだな。今日の試合はスポーツではなくショーだったんだ。がっかりした。もうボクシングなんか見るのよそ~ッと。
小言コウベイ |  2006.08.02(水) 23:22 |  URL【コメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。