2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
漂泊の思い止まず。
2006.12.08 (Fri)
本格的に転職転職活動を開始したのが11月前半。
2週間でコンサルタントから会社の紹介があり、面接が11月末と12月初め。
あれよあれよという間に採用内定が出たのが一昨日、
そして退職を申し入れたのが昨日。
現在勤めている会社は情報流出防止の為、同業他社への転職を理由に退職を申し入れた場合は希望退職日を待たずして「出社に及ばず」令が出る。
解雇ではないが退職日までの出社は許されず、退職日までは有給休暇を取らされる事になる。

今回の自分はというとほぼ同業に近い他社、そして職種も同じようなものなので恐らく同様。退職希望日の2007年1月末を待たずして、というか今月中には
「今年限りで出社に及ばず」令が出るはずだ。

すなわち今の会社はあと3週間でサヨウナラ。

新卒以来長年勤めた会社、でも終わりはかくもあっけなく。
ベルリンの壁の崩壊を見ているような心持ち。


一点心残りなのが今月1日付で異動になったばかりなので新上司に大迷惑を掛けてしまう事。
異動してきてすぐ退職願。タイミングとしては最悪ですねw
異動の内示が出た時に退職を申し出られればよかったのだが、その時点ではまだ採用通知を受けていなかった。内心マズイと思ったがまさか「今転職活動が佳境に入ったところなのでもう少し待って」ともいえないし。
今度の上司(=最後の上司)は自分を一番買ってくれていた上司なだけにその事だけは悔やまれる。

まあそれは仕方ないんだけどね。
できる事は迷惑が最小限で済むようにせめて出来る限り早く退職を申し入れる事。そこで内定翌日の退職申し入れとなった。上司は来週から仕事をバリバリ引き継ぐつもりだったようなので早く申し入れたのは正解だった。
寂しそうな苦笑を見るのは辛かったが。

立つ鳥後を濁さずという辞め方には程遠いが仕方ない。人生はなかなか思うようにはいかないもの。という訳で
スポンサーサイト
【記事編集】 |  02:07 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。