2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
煽り屋
2007.02.15 (Thu)
拉致問題で日本政府を散々煽ったと思ったら
それを理由にエネルギー支援を見送った日本を今度は「孤立している」と煽り立てる。
マスゴミつうのは本当に無責任なメディアですな。
まあ一部マスゴミがどんなに煽り立てようと「自国民に対する重大な犯罪行為への不誠実な態度を大義名分に支援を見送る政府」にはどんな国だって理解を示さない訳にはいかないという事で。

拉致「置き去りにせぬ」とブッシュ大統領=対北で連携確認-日米首脳
2月15日1時1分配信 時事通信
安倍晋三首相は14日夜、米国のブッシュ大統領と電話で会談し、北朝鮮の核問題に関する6カ国協議での合意内容などをめぐり、約15分間意見交換した。両首脳は、同協議で前進があったことを評価するとともに、北朝鮮の核放棄に向け今後も日米が連携していくことで一致した。
会談は米側の申し入れで行われた。ブッシュ大統領は拉致問題について、「重要性は十分理解している。置き去りにしてはならない。日本が孤立することはない」と明言。拉致問題が進展しない限りエネルギー支援には参加しないとの日本の方針に理解を示した。同時に「(2005年9月の)6カ国協議共同声明全体がバランスの取れた形で実施されていくことが重要だ」と指摘した。
首相は「6カ国協議の進展は、日米間の緊密な連携のたまものだ。拉致問題の解決を含め引き続き連携していきたい」と応じた。政府関係者によると、これに関連して首相は、同協議で、米国が北朝鮮のテロ支援国家指定解除の作業を開始することで合意したことに触れ、実際の指定解除は拉致問題の進展を前提とするよう求めた。 
最終更新:2月15日1時1分



しかし最後にオチを持ってくるなよ米国は(笑)

声明は北朝鮮が履行すべき事項を列挙しただけで米国による見返りに言及していない。初期段階の見返りである5万トンの重油支援についても、スノー大統領報道官は同日の記者会見で「米国は供与しない。韓国が(供与)する」と言明

スポンサーサイト
【記事編集】 |  01:37 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。