2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
隠すから盗まれただの何だの大騒ぎする。だから
2007.03.13 (Tue)
発想を転換して、個人情報はもう国民みんなで共有しちゃえば?

ていいたくなるほどの、恐らく人類史上最大規模の個人情報流出事件が。
863万人てあーた

863万件の個人情報流出 大日本印刷、委託43社分
大日本印刷は12日、ダイレクトメールなどの印刷物作成の委託を受けている企業計43社の顧客の個人情報計863万7405件が流出したと発表した。被害を受けた企業はイオンやトヨタ自動車、UFJニコス、アメリカンホーム保険など。漏れた情報内容は企業によって違うが、氏名や住所のほか、カード会社ではカードの番号が流出していた事例もあった。
大日本印刷によると、今回流出が発覚した情報に関しては、現時点では不正使用などの発生は確認されていないとしている。ただ被害に遭った企業は、今後調査内容を踏まえて大日本印刷に損害賠償も検討する。
大日本印刷は2月20日に、元派遣社員が大手信販会社、ジャックスの会員約15万人分の個人情報を持ち出し、詐欺グループに売り渡していたと発表。その際に49人分のデータが詐欺グループに不正使用されていた。その後の調査でジャックス以外の企業についても大量の情報流出が確認されたという。


先日発表されたJACCSカードの個人情報流出事件で、株式会社JACCSは15万人の被害者宛の詫び状に500円のQUOカードを同封した。

郵券代80円+封筒代5円(仮定)+詫び状紙代1円(仮定)+封入代2円(仮定)+QUOカード500円
の、15万人分…でしめて8800万円あまりが軽く吹っ飛んだ公算。

仮に今回の被害者全てにこれと同等の「お詫び」をして費用を全てDNPが持ったとすると…51億円近くか。どれだけ金かければ気が済むんだよという(笑)。

まあ全額DNP持ちというのはないにしても、これに近い額が今回被害にあった企業全てから費やされ、さらに顧客フォローにかかる何万人もの営業マンの人件費だの電話代だのお詫び広告代だのを考えると…今回の後始末だけでもこの国で100億円規模の費用が費やされる訳だ。

何も生みださない、ただひたすら後ろ向きな仕事にこの経費と何ヶ月という時間、何万人の労力。
あー勿体無い。考えただけでどっと疲れる。

DNPにとって最悪のシナリオは今回の件で大口のお得意先から続々と契約を切られる事だろう。NTTの料金案内を一手に請け負っているのを初め、100万単位で業務委託を請け負っている大口クライアントなぞゴロゴロいる。
業績ガタガタ株価暴落で株主代表訴訟は不可避だろう。これもまた疲れる…

スポンサーサイト
【記事編集】 |  00:40 |  comment  | トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
大日本印刷大日本印刷(だいにっぽんいんさつ、英語表記Dai Nippon Printing Co., Ltd. 、 通称DNP)とは日本の印刷会社で、過去には活字供給も手がけていた。本社は東京都新宿区市谷加賀町1-1-1。日本の印刷業界で最大手。1950年代より印刷技術を元手に
2007/03/14(水) 08:30:21 | ナナのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。