2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
脳内配役
2008.01.06 (Sun)
「この作品を実写で映画にするならキャストはどうしよう」て
漫画や映画が好きな人なら誰でも一度は配役を考えてみたことがあると思う。
これが何の役にも立たないがなかなか面白い。長い待ち時間なんかには結構時間つぶしになる。

蛯原友里、彼女は「ヘルタースケルター」のりりこ役にぴったりだ。NTVの番組に出ていた彼女を見ながらぼんやり空想したりする。

別に彼女はりりこと違って全身整形などではなく、それどころか至極ナチュラルだと思うが、ナチュラルにしてあの表情の乏しさはある意味すごいと常々思っていた。いつも同じ顔で笑ってるし。
絶世の美女でありながら『骨格と上にのってる表皮と筋肉の動きが一致していない/興味深い顔だ』と評されたりりこには正にはまり役ではないか。

原作をなぞるなら役柄はハードすぎて彼女にはいろんな意味でとても無理、というかモデルとしてのキャリアに終止符を打つ恐れがあるが(笑)、うまく取れたならNANAなんざ足元にも及ばぬ名作になることだろう。

その他のキャストとしては、

木村カエラ as 吉川こずえ(少し身長が足りないのが惜しい)
蒼井優 as 羽田ちゃん(深津絵里とかじゃ当たり前すぎて面白くない)
槇原敬之 as キンちゃん(kaba.ちゃんとかじゃ以下同文)
柳楽優弥 as 奥村
及川光博 as 南部貴男(ベタだ)

あたりでいかがなものか。

後は知らん(笑)


こういう空想つか妄想はきりがないんだね
スポンサーサイト
【記事編集】 |  23:57 |  murmur  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。