2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
凶行の夜
2008.06.09 (Mon)
秋葉に。

万世橋の上にはマスコミ各社の中継車が列をなす
080608-194640.jpg


凶行の舞台となったソフマップ前の交差点。
ドコモの販促コンパニオンもこの店でのシフトが入ったばかりに巻き込まれた
080608-195920.jpg


交差点の一角には花など手向けられ、しかしなぜガンダム?
080608-195803.jpg


万世橋署の前はマスコミが詰め掛けていたものの、
たった数時間前に日本犯罪史上でも稀な大量無差別殺人が起こったとは思えない「いつもの秋葉原」だった。

被害者は七人に達した。

被害者は勿論、その家族親戚友人、また加害者の家族親戚友人
地獄の苦しみを味わうのは合わせて何十人にもなるだろう。またその中の何割かは確実に人生を狂わされる。

加藤智大容疑者。彼がどれだけ苦しみ悩み傷つき絶望したかは知る由もない。
しかしそれが果たしてこれだけ多大な犠牲を払わせるに値するものであるとは到底思えない。
もう何もかも終わりにしたかったなら一人静かに首を吊ればよかった。

これから彼は気の遠くなるような時間を掛けて取調べを受ける。
何度も何度も、何十篇も同じ話を繰り返し喋らせられ、
何百回も弁護士と接見し、
何十回も裁判に出廷し、そこでもまた同じ話を。
そして延々と検事に責められた果てにやっと下る死刑判決。
元々は真面目な青年であったらしい彼は、何百時間何千時間という気の狂いそうなほどの自責と後悔の果てに、漸く絞首台で死を迎える。

考えただけでうんざりする話だ。

この程度の想像力が彼に備わっていれば、
彼を絶望から救う事は出来ないまでも
犠牲者とその家族を奈落の底から救う事は出来たかも知れない。

実に残念だ。

スポンサーサイト
【記事編集】 |  01:38 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。