2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
品性
2009.03.25 (Wed)
また始まった

七回の場面では、一死一、三塁で4番城島が三塁ゴロで併殺に倒れた場面で、一塁走者・中島が二塁に滑り込んだ際に、二塁手のコ・ヨンミンに体当たりするようにスライディングしたシーンを「国際大会ではあまり見られない非紳士的な守備妨害動作」と表現した。この場面は守備妨害の有無に関わらず、併殺が成立していた。

 六回裏の日本の守備では、一塁走者のイ・ヨンギュが二盗でヘッドスライディングした際に、中島が「イ・ヨンギュの頭の方向に左足を向けた」と指摘。同選手が第2ラウンドで内海投手から頭部に死球を受けたこととあわせて紹介し「相手に大きなケガをおわせる危険な守備だった」と非難した。いずれの場面も、試合中に韓国ベンチが抗議したり、審判が試合を止めて問題視するような場面はなかった。

 同紙の電子版は、トップページで問題としているプレーの写真を掲載。写真上に赤丸をつけて解説するなど、韓国の敗戦よりも大きく報じた



敗戦の報道よりも日本に難癖をつけて溜飲を下げるという定番のパターンに移行しましたね。

さて、それでは予選ラウンドにおける紳士的な韓国のプレイを見てみましょう。

1分20秒あたり


非紳士的行為がどうしたって。え。


今回の韓国チームはメジャーリーガーは秋一人だけ、アメリカは勿論日本やプエルトリコ、ベネズエラなどに比べ見劣りする陣容にも関わらずよく頑張った。日本を最後まで苦しめた。
今大会の韓国代表は日本の緻密さとスピード、米国のパワーを兼ね備えたような強いチームだった。
だが、相変わらずのマウンドへの旗刺し(日本に勝った時だけ!)や試合に負けて「あれは本気じゃなかったから」といわんばかりの卑怯な言い訳、今回の報道のような見苦しい悪あがきや難癖づけのオンパレードなど、自ら品性を貶める行為を繰り返して全て台無しにしてしまっている。
特に試合に負けて「勝敗などどうでもいい、投手を温存していたから(本気じゃなかったから)」などと嘯くのは真剣勝負を愚弄する行為だ。スポーツマンシップのかけらもない。

こういうチームはチャンピオンになる資格はない。なってはいけない
勝てば官軍、こういう卑怯な言動を繰り返すチームが優勝してしまってはそういう振る舞いも全て是とされてしまう。スポーツを貶めるこれらの行為を公然と認める事は野球界全体の損失といって過言ではない。日本でもアメリカでもそれだけは阻止しなければいけなかった。
繰り返すが、幾ら強くなっても今の韓国にはまだ世界チャンピオンたる資格はない。その器ではない。

日本が最後に勝てて本当によかった。


本当におめでとう侍JAPAN
スポンサーサイト
【記事編集】 |  04:32 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。