2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
末路
2009.11.12 (Thu)

市橋容疑者 千葉地検に身柄を送検 依然“断食”継続 容疑にも沈黙
11月12日11時44分配信 産経新聞

千葉県市川市のマンションで平成19年3月、英国人の英会話講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=が他殺体で見つかった事件で、千葉県警行徳署捜査本部は12日午前、死体遺棄容疑で逮捕した市橋達也容疑者(30)を千葉地検に送検した。

捜査本部の調べによると、市橋容疑者は19年3月下旬、同市のマンションのベランダに置かれた浴槽にリンゼイさんの遺体を入れ、さらに砂をかけるなどして遺棄した疑い。取り調べに対し市橋容疑者は、身の上話には応じるものの、容疑事実については沈黙しているという。

市橋容疑者は10日午後、大阪府住之江区のフェリー乗り場で発見、大阪府警に逮捕されて行徳署に移送されて以後、温かいお茶などを飲む程度で、食事には一度も手を付けず、“断食”を継続。食事を取るように捜査員が促しても「食べたくありません」などと答えて一切、口にしないという。捜査本部は、健康状態に問題はないことから、逮捕された精神的ショックから食欲が落ちているのではないかとみている。


彼は自死するのではないか。
これまでの言動から非常にナルシスティックな、飛びぬけた自己愛の強さが印象深い。それだけ自己愛の強い男が顔を捨ててまでなりふり構わず逃亡を図り、しかし果たせず逮捕された。
この上衆目の晒し者になるのは死にも勝る屈辱だろう。
彼が彼なりの美意識を貫いて死を選ぶか、屈辱にまみれた生を選ぶか。個人的にはその辺も見物であったりする。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  14:22 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。