2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
冗長
2006.03.28 (Tue)
<オウム>松本被告、死刑の公算大に 高裁が被告側控訴棄却

地下鉄、松本両サリンや坂本堤弁護士一家殺害など13事件で殺人罪などに問われ、1審で死刑判決を受けたオウム真理教(アーレフに改称)の松本智津夫(麻原彰晃)被告(51)について、東京高裁(須田賢(まさる)裁判長)は27日、被告の訴訟能力を認めたうえで、控訴を棄却する決定を出した。最高裁の統計がある78年以降、1審で死刑とされた被告の控訴審が、棄却決定されるのは初めて。事件の首謀者とされる被告に対し、高裁で一度も公判を開かずに死刑判決が確定するという異例の事態となる見通しとなった。
 弁護側は28日に控訴趣意書を提出する方針を示していたが、提出期限は昨年8月末で大幅に遅れており、高裁は提出の遅れが裁判を継続するための「やむを得ない事情」に当たらないと判断した。弁護側には高裁に異議を申し立て、さらに最高裁に特別抗告して争う手段も残されているが、この際の審理対象は裁判手続き上の誤りがなかったかどうかに限られ、退けられる公算が大きい。


逮捕されてから何年経ってるのかと。
長い長すぎというのが第一印象。
本人が完全に廃人と化してしまったとかで弁護側は裁判の停止を求めていたこの裁判、もし詐病だとしたら残念だったねと。
いや仕方ない。精神的に正常だろうと異常だろうと、「やった事」の軽重が変わる訳ではない。
「やった事」の応報としての罰は受けなけれならないと思う。

とはいえ、個人的には死刑の見直しは行ったほうがいいと思うけど。
ただ殺すなんて勿体無い。
全身くまなく献体するとか、地雷撤去とか、いくらかでも世の為人の為に役立つ死に方ってあるでしょ。

気に入っているアイデアとしては、コロシアムの復活。

闘技場で死刑囚同士をどちらかが死ぬまで戦わせる。
勝った死刑囚は次の戦いまでの生は保証される。
武器はランダムがいいかな。
その様子はPPVでライブ中継し、また勝敗は公営ギャンブルとして賭けの対象とする。
PPVの収益金および胴元の収入の一部は遺族への弔慰金として分配し、残りは風紀取り締まり方策の予算としてあてる。
抑止効果も抜群だし遺族も報われる、予算も計上できる。
いい案だと思うけどなあ。

スポンサーサイト
【記事編集】 |  01:19 |  comment  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。